×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

さだまさしに触発されて

さだまさしに触発されて 00.1.30UP

   まっさんとの出会いは、小学校5・6年生の頃、
   ラジオから今まで聞いたことの無いメロディが流れてきました。
   「それは〜まだ〜♪」で始まる「雨やどり」これが
   まっさんとの出会いでしたが、
   面白い歌を歌う人というだけで、終わってしまいました。
   (その頃は、シンガーソングライターなんて知らなかったものですから。)

   次に耳に入ってきたのは、中学1年の頃、あの有名な「関白宣言」です。
   あの「雨やどり」の人だと思い出し、
   小学生の頃より詩の内容が判るようになった私は、
   この人は、只者ではないと(その後しばらくしたら、
   億単位の借金。やはり只者ではなかった。)
   ズルズルと、さだワールドに入り込んでいってしまったのでした。

   私がギターを弾き始めたきっかけは、
   まっさんの曲が歌いたい、ギターを弾いてみたいと思い
   当時、私の親父が経営していた工場の従業員でIさん(当時18歳)に話したところ
   Iさんがギターを弾いていたので、習い始めました。
   中学2年になった時、クラス替えで同じクラスメイトとなった、麺谷君と知り合い
   彼のHPの自己紹介にもあるように、二人でギターを弾くようになったのです。