×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

この和訳はコリャ英和!(コンビニ版)を使い、日本語になっていない箇所を脳内翻訳しております。
和訳が違う事もありますが、意味は通じると思います。
原文は下記URLです。
http://www.wingmakers.com/arrow/briefs/readfirst.html

 

 

Project Briefing and Background
プロジェクト要旨説明と背景

In 1972, in a remote section of northern New Mexico, a group of hikers discovered an unusual artifact and pictographs within an obscure canyon. An archeologist from the University of New Mexico analyzed the artifact and searched the area where it was discovered, but found no signs that a prehistoric culture had established any permanent site in the canyon. It was presumed that a nomadic, Native American Indian tribe had occasionally used the canyon as a temporary settlement and had left behind a few artifacts of their presence as a consequence.
1972年、北ニューメキシコから離れた峡谷の中で、ハイカーのグループが理解しがたいで異常な人工物とペトログリフを発見しました。ニューメキシコ大学の考古学者が人工物を分析しそれが発見された地域を探索しましたが峡谷には有史以前の文化があったという遺跡の徴候を見つけることはできませんでした。放浪するアメリカ先住民のインディアンの種族が時折峡谷を一時的な移住の場所として使用して、結果として彼らの存在を示す少数の人工物を残していたと推測されました。

There were, however, two very puzzling questions. All but one of the artifacts could be dated to the 8th century AD. The exception, known as the "compass" artifact, appeared to be an unusual form of technology, and was found among more typical artifacts like pottery and simple tools. The compass was covered in strange hieroglyphic symbols, some of which were also found on the pottery. Secondly, the pictographs that were found in the area had inexplicably appeared, and they were strikingly different than any of the other native petroglyphs or rock art found in the southwest or the entire continent for that matter.
しかし2つの非常に不可解な問題がありました。人工物の中の1つが西暦8世紀以前の物と思われました。「コンパス」人工物と呼ばれた例外品は独特な形の技術であるように見えて、ごく普通の陶器や単純な道具の人工物の中から発見されました。コンパスは奇妙な象形文字の記号で覆われていました、そしてその文字は同じく陶器の上にもありました。その区域で発見されたペトログリフは不可解にも他の南西や全大陸で発見された土着の彼らの残した岩石彫刻あるいは岩芸術のどれより極めて印象的に異なっていました。

Because of these two anomalies, the artifacts and the entire project quickly became the property of the US government, or more specifically, the National Security Agency. It was decided that these artifacts might suggest a pre-historical, extraterrestrial presence on earth, and that the NSA had the appropriate agenda and wherewithal to initiate a full-scale, scientific expedition to determine the nature and significance of the site.
これらの2つの異常性のために人工物と全プロジェクトは速くも米国の政府、もっと具体的には言えば国家安全保障局の所有になりました、これらの人工物は地球上の有史以前の地球圏外の存在を示すかもしれない、そしてNSAが遺跡の特性と重要性を決定するために早急に科学的分析を始めるための計画と予算を決定しました。

The site was completely searched by a secret department of the NSA in 1973, but it only resulted in a few additional findings, and none of them were designated as technologies or evidence of an extraterrestrial presence. Additional pictographic symbols were found, but decoding them was a difficult and frustrating process. Experts were called in to help, but it was impossible to reach a consensus as to what the pictographs meant. As quickly as the project had risen as a priority investigation, it fell into the archives of the NSA under the code name, Ancient Arrow.
遺跡は1973年に完全にNSAの秘密の部門によって調査されました、しかしそれは少しの追加の発見をもたらしただけでした、そしてそれらのいずれも地球圏外の存在のテクノロジーあるいは証拠と定められませんでした。追加で発見されたペトログリフを解読することは困難で、失望させる工程でした。専門家が呼び入れられましたが、ペトログリフの持つ意味ついて意見が一致することはありませんでした。プロジェクトが優先調査として急速に発展したいったのと同じぐらい速く、NSAのエシェントアローというコードネームで保管となりました。

Twenty-one years later, in 1994, a series of rockslides opened up a section of the Ancient Arrow site. The canyon was in a naturally obscure section of park land held by the state of New Mexico. After its discovery in 1972, it had been officially sanctioned off-limits to hikers and campers and was to be left in its natural state. From time-to-time, scientists -- sponsored by the NSA -- would visit the site hoping to uncover new evidence, but were invariably disappointed.
21年後の、1994年に、エシェントアロー遺跡の地域で一連の岩崩れが発生しました。峡谷はニューメキシコ州の国立自然公園内のわかりにくい場所にありました。1972年の発見の後に、ハイカーとキャンパーに対して公式に立入り禁止とされ、その自然公園にままにしておかれるはずでした。時間から時間へと、科学者は − NSAがが支持して − 新しい証拠を見いだすことを望んでいる遺跡を訪れるであろう、しかしいつも失望しました。度々NSAの科学者達は新しい証拠を発見することに期待し遺跡を訪れたがいつも失望しました。

Shortly after the rockslide occurrence, a small team of operatives from the NSA visited Ancient Arrow canyon to do some follow-up research. They discovered the rockslide had exposed an entrance to a hidden cavern that led deep within the canyon walls.
岩崩れ発生のすぐ後に、NSAの要員の少数のチームが若干の追跡研究をするためにエシェントアロー峡谷を訪れました。彼らは岩崩れがあった峡谷の中深くで壁を隠された大洞窟の入口をさらけだしていたことを発見しました。

At the back of this cavern, the research team discovered a well-hidden entrance into the interior of the canyon wall or rock structure of the Ancient Arrow site. There they found a system of tunnels and chambers that had been carved out from solid rock. There were a total of 23 chambers, all intricately connected to an interior corridor, and each chamber held a specific wall painting, series of pictographs, written hieroglyphs, and what seemed to be dormant, alien technologies.
この大洞窟の奥で、研究チームは峡谷の壁の内部あるいはエシェントアロー遺跡の岩構造の中によく隠された入口を発見しました。そこで彼らは頑丈な岩から刻み出されたトンネルと部屋を発見しました。合計23の部屋はすべて複雑に内部の廊下に繋がっていました、それぞれの部屋には細かな壁画、ペトログリフ、文語のヒエログリフと活動休止中と思われるエイリアンのテクノロジーと思われる物がありました。

Once this entrance to the cavern was found, a report was immediately filed with the Director responsible for the Ancient Arrow project. The project was then formally brought under the jurisdiction of the Advanced Contact Intelligence Organization (ACIO), which organized an inter-disciplinary research team to assess the exact nature of the site and attempt to discover additional artifacts or evidence of an extraterrestrial visitation.
大洞窟のこの入口が発見された途端に、すぐにエシェントアロープロジェクトの局長に報告が提出をされました。プロジェクトは公式に先進連絡諜報機関(ACIO)の管轄下におかれ、学術的な研究チームを組織し、遺跡の正確な性質の調査と追加の人工物、あるいは地球圏外の訪問の証拠を発見しようと試みました。

The ACIO is a secret or unacknowledged department of the NSA. It is headquartered in Virginia, but also have personnel in Belgium, India, and Indonesia. They are largely unknown, even to senior directors within the NSA. The ACIO is the lowest profile organization within the entire intelligence community. Its agenda is to research, assimilate, and replicate any technologies or discoveries of extraterrestrial origin. Its personnel consist mainly of scientists who are completely anonymous, yet are paid salaries in excess of $400,000 per year because of their security clearance and IQ. This secret organization not only possesses enormous brain power, but it is also in possession of technologies that are far in advance of any other research facility on the planet. They are, in a word, privileged.
ACIO はNSA内の秘密部門、あるいは認められていない部門です。ACIOはバージニアに本部を持っています、同じくベルギー、インドとインドネシアにも職員がいます。彼らはNSAの中でも、高官の局長にさえ知られていません。ACIO は全ての諜報関係の中でも最も目立たない部門です。その行動は宇宙人起源のどんな技術でも調査、吸収、あるいは発見して複製するはずです。職員は主に完全に無名の科学者から成り立って、彼らのセキュリティークリアランスとIQにより年棒400,000ドル以上の給料が支払われます。この秘密の部門は単に巨大な頭脳集団を所有するだけではありません、しかしそれは地球上のどんな研究施設よりでも進んでいる未知の技術の所有にあります。要するに彼らは特権を与えられています。

The artifacts found at the Ancient Arrow site were virtually incomprehensible to the research team. There were many mysteries. Why would an advanced culture leave their artifacts in such a precise and seemingly ordered manner? What was the message they were trying to leave behind? What were their technologies and why did they leave them behind? Did the creators of this site intermingle with the native tribes or remain an isolated culture? Who were they and why were they here in the 8th century? Were they planning to return? These were only some of the mysteries that challenged the research team.
エシェントアロー遺跡で発見された人工物は研究チームにとって理解不能でした。多くの謎がありました。先進的な文明をもった彼らがなぜこのような正確な、そして見たところ整然とした方法で人工物を残すのでしょう?彼らが後世に残そうとしていたメッセージは何なのか?彼らのテクノロジーとは、そしてなぜそれらを後世に残したのか?この遺跡の創造者は土着の種族と混ざり合ったのか、それとも独立した文化のままでいたのか?彼らは何者でなぜ8世紀にこの地にいたのか?彼らは戻ってくることを計画していたのか?これらは研究チームが唱えた謎のいくつかに過ぎませんでした。

Throughout the seven months of restoration, cataloguing, and analysis, the Ancient Arrow project was a complete enigma. More of the energy went into the safe preservation of the artifacts, rather than attempting to solve the puzzle of their existence, though speculations were a topic of every conversation. Gradually, a hypothesis was structured by the research team that an extraterrestrial culture established an earth colony in the 8th century and isolated itself within the Ancient Arrow canyon. They brought with them a very precise mission to leave behind a massive "time capsule" that would prove to be discovered in the late 20th century. While the exact nature of the time capsule was unclear to the research team, it seemed probable that it was a cultural exchange of some kind and had no invasive intent to earth or its people.
7カ月間、修復と分析、カタログ作成通じて、エシェントアロープロジェクトは完全な謎でした。彼らの存在の謎を解こうと試みるよりむしろエネルギーの大半は人工物の安全な保管になり、憶測がすべての話し合いの中心でした。次第に、地球圏外の文明が8世紀に地球にコロニーを建造して、 エシェントアロー峡谷の中で自身を隔離していたという仮説が研究チームによって組み立てられました。彼らは「タイムカプセル」を20世紀後半に発見されるように非常に正確な使命を持って来ました。タイムカプセルの正確な性質が研究チームにとってはっきりしなかったが、それがなにがしかの意図をもった文化交流であって、そして地球侵略的な意志を持っていなかったようにみうけられました。

It took a team of researchers nearly two years after the restoration was completed to decipher a partial meaning of the chamber artifacts. The 23 separate chambers seemed to be linked together to form some specific message or purposeful mission. In the 23rd and final chamber, they recovered a small optical disc that was presumed to hold digital information that could be the key to deciphering the artifacts. Scientists eagerly analyzed the disc, but they could not figure out how to access its content.
研究者のチームが修復が完了され、部屋にあった人工物の部分的な意味を解読することは2年近くを要しました。23の個々の部屋は具体的なメッセージあるいは目的がある使命を形づくるために一緒に関連づけられるように思われました。第23番目の最後の部屋で、光ディスクを回収しました、それは人工物を解読することへの鍵であり、デジタル情報を持つと推測されました。科学者は意欲的にディスクを分析しました、しかし彼らにはどのようにすればその内容にアクセスすることができるのか理解できませんでした。

The ACIO's finest computer experts were called in to try and unlock the encoded disc, but to no avail. Several more months were spent trying every conceivable method to access the contents of the disc, but nothing worked. The Ancient Arrow project, for the first time in nearly a year, had hit a dead-end and funding for the project was rapidly weaned by the ACIO.
ACIO のコンピュータに精通している専門家はコード化されたディスクを解き明すために呼ばれました。しかし無駄でした。ディスクの内容にアクセスするために想像しうる限り可能な方法を試みてさらに数カ月費やされました、しかし何も機能しませんでした。エシェントアロープロジェクトが初まってから1年後、行き詰まりにぶつかっていました、そしてプロジェクトのための資金が急速に ACIOによって縮小されました。

After two more months of unsuccessful efforts, it was decided that the technology to access the disc was simply not available. The optical disc and all of the artifacts and findings would be carefully placed in secure storage until the technologies were available to unlock the disc and harvest its content. It was presumed that the disc held star charts, translation indexes, glossaries, and all the answers to the various mysteries of its creators and, perhaps more importantly, their intentions for earth.
もう2カ月の報われない努力の後に、ディスクにアクセスする技術が不足していたと決定されました。がして、ディスクを解き明かして内容ににアクセス可能な技術ができるまで、光ディスクと人工物と付属品類のすべては慎重に安全な保管所に置かれることになりました。ディスクには創造者の星図表、翻訳指標、用語集と種々の謎へのすべての解答が入っていると推測されました。そして多分もっとも重要な地球に対する彼らの意図。

While the optical disc was considered to be the key to unlocking the meaning of the time capsule, the ACIO had little choice, but to place the project into storage and await the arrival of technologies that would permit them to unlock the disc. However, there were two scientists from the research team who theorized that the disc could be unlocked by understanding the meaning of the wall paintings in each of the 23 chambers. In their minds it was not a complex, technological solution, but rather a language or translation solution that would unlock the disc.
ACIO は光ディスクがタイムカプセルの意味を解き明かすことへの鍵であり、保管所の中にプロジェクトを置いて、ディスクを解き明かすためのテクノロジの到来を待つ方法以外に、ほとんど選択を持っていませんでした。しかし、研究チームの中に23それぞれの部屋の壁画の意味を理解することによって、ディスクのロックを解除することができるだろうという理論を立てた2人の科学者がいました。彼らはディスクを解き明かすのは複雑な技術的な問題ではなく、どちらかと言えば言語であり翻訳技術だという考えでした。

After much persuasion, the ACIO agreed to allow the two researchers to assemble a replica of the time capsule's contents. The replica time capsule consisted of detailed drawings and photographs of all the artifacts from each of the 23 chambers, including detailed, high-resolution photographs of the wall paintings. The two scientists would be allowed to continue their research on their own time provided they maintained utmost secrecy and reported all of their findings directly to the ACIO division head and project director.
2人の研究者はACIOを説得し、タイムカプセルの中身のレプリカを造る許可を得ました。レプリカのタイムカプセルは23の部屋のそれぞれから、壁画の詳細な、高解像度の写真を含めて詳細な図面とすべての人工物の写真から成り立ちました。2人の科学者は最大の秘密を持続して、すべての調査結果をすぐにACIO局長とプロジェクト責任者に報告するのならば、研究を続けることを許されました。

The optical disc was securely stored away in a vault within the ACIO. The project was officially put on indefinite hold, and all personnel associated with the project were reassigned (with promotions) to different projects. The Ancient Arrow project was not to be spoken of again until which time the technologies -- or some other means -- provided a way to unlock the optical disc and access its contents.
光ディスクは ACIO内の金庫室の奥にしっかりと保管されました。プロジェクトは表向き無期限保留にされました、そしてプロジェクトと関連したすべての職員は昇進して異なったプロジェクトに転属させられました。光ディスクを解除してその内容にアクセスする技術あるいは他の手段が発見されるまでエシェントアロープロジェクトが再び語られることはありませんでした。

The scientists spent nearly five months in partnership, trying unsuccessfully to decode the Ancient Arrow artifacts and establish the means to unlock the optical disc. During this time, the ACIO regularly experimented with new technologies or methods, and they too, were unsuccessful in unlocking the content of the optical disc.
科学者は協力し合い、5カ月近くをエシェントアロー人工物の光ディスクを解き明かし解読する手段を見つけようと試行錯誤しながら過ごしました。その間、 ACIOは光ディスクの内容を解き明かすために時々新しい技術を使って実験しました、しかしそれは不成功に終わりました。

One day, late in the summer of 1996, one of the scientists (a linguistics expert) had an insight into how to unlock the optical disc by reducing the symbols of the wall paintings to their closest facsimile found in an ancient Sumerian text. While the Sumerian language is extinct, it was sufficiently comprehensible to this scientist that he was able to decode the symbols of the paintings, and, placing the 23 words in the same order as the Ancient Arrow chambers, he was able to finally unlock the optical disc.
1996年の晩夏にのある日、言語学専門の科学者の1人が、壁画の記号を古代のシュメール語に見出される文字に最も近い形に変換することによって、光ディスクを解き明かす方法を考えつきました。シュメール語は消滅しているますが、この科学者にとっては十分に理解できました。エシェントアローの部屋にある絵と同じ種類の23の文字を、置着替えることにより記号を解読することが可能でした。そして最終的に光ディスクを解き明かすことができました。

The connection between the Sumerian language and the time capsule was the breakthrough the ACIO team had been waiting for. A simple set of 23 words elicited over 8,000 pages of data from the optical disc. Unfortunately, the data was incomprehensible because there was no character set in the computer that could emulate the hieroglyphics and unusual symbols of the language. Thus, a translation index needed to be developed, which took an additional six months.
シュメール語とタイムカプセルとの繋がりは ACIO チームが待っていた突破口でした。23の単語の単純なセットが光ディスクからの8,000ページ以上のデータを引き出しました。しかし残念なことに、コンピュータには象形文字表記法を表示するための文字セットがなかったため、データは理解できませんでした。そこで、翻訳指標を開発する必要があり、それはさらに6カ月かかりました。

Finally, once a translation index was programmed into the computer, the data, while it could be printed out or viewed on the monitor in its hieroglyphic form, still required translation to English. And this translation process was extremely tedious and could not be facilitated through computers, owing to the subtlety of the language and its intricate connection to the wall paintings and pictographic representations elsewhere within the Ancient Arrow site.
ついに翻訳指標をコンピュータにプログラムされると、データをプリントアウトしたりモニター上で見ることができるようになりましたが、英語に翻訳する必要がありました。そしてこの変換プロセスは極めて退屈で、エシェントアロー遺跡のほかの壁画のペトログリフ表記言語とその複雑な組み合わせのため、単純にコンピュータで促進されることはできませんでした。

As partial translations began to be developed, it was determined that even within the optical disc there was a segmentation of the data into 23 units. Each unit appeared to correspond to a specific chamber. As the first two chambers began to be translated, it was further shown that each unit contained philosophical and scientific papers, poetry, music, and an introduction to the culture and identity of its creators.
部分的な翻訳が進み始めると、光ディスクの中も23のユニットに分かれてデータがありました。それぞれのユニットが特定の部屋に対応するように思われました。最初の2つのユニットが翻訳され始めたとき、さらにそれぞれのユニットが哲学的な、そして科学的な論文、詩歌、音楽とその創造者の文化と正体への概要を含んでるということが明らかにされました。

The creators of the time capsule referred to themselves as WingMakers. They represented a future version of humanity who lived some 750 years in our future. They claimed to be culture bearers, or ones that bring the seeds of art, science, and philosophy to humanity. They had left behind a total of seven time capsules in various parts of the world to be discovered according to a well-orchestrated plan. Their apparent goal was to help the next several generations of humans develop a global culture; a unified system of philosophy, science, and art. タイムカプセルの創造者は自身をウィングメーカーであると述べました。彼らは今の我々からおよそ750年ほどの未来に生きている未来人であると表現しました。彼らは文化の伝承者、あるいは芸術、科学と哲学の種を人類にもたらす者であると主張しました。彼らは緻密に計算された計画沿って発見されるように世界中のいろいろな地方に7つのタイムカプセルを後世に残していました。彼らの目的は次の数世代後の人類が全体的な文化、哲学、科学と芸術の統一されたシステムを開発するのを手助けをすることでした。

In early 1997, the ACIO scientist who had originally discovered the access code for the optical disc became strangely sympathetic with the WingMakers' mission. He was convinced that the ACIO would never share the discovery with the public, and he was certain that it was too significant to withhold. He also claimed that he was in communication with the WingMakers and that they were watching the ACIO's progress and would, at the appropriate time, make the time capsule and its contents available to the public.
1997年初頭に、光ディスクのためにアクセスコードを発見していた ACIO 科学者はウィングメーカーの目的に妙に共感しました。彼は ACIO が決して一般にこの発見を発表せずに隠してしまうことを確信していました。彼はウィングメーカーとの連絡係で、彼らがACIOの進行状況を監視していて、適切な時期に、タイムカプセルとその中身を大衆にとって利用可能であるようにするであろうと要求しました。

This assertion troubled the ACIO and particularly the Ancient Arrow project director, who eventually recommended a leave of absence for the scientist and was summarily dispatched from the project. The scientist was afraid that his memories would be tampered with or destroyed altogether, and so he defected from the ACIO, quite literally the first to ever do so.
この主張は ACIO と特にエシェントアローのプロジェクト局長をわずらわせました。科学者に休職を勧めて、プロジェクトから速やかに退かされました。科学者は彼の記憶が不法に変更されるか、あるいは破壊されるであろうことを恐れていました、そこで彼は、文字通りにACIOから逃亡しました。

Soon after his defection, the scientist disappeared. However, before his disappearance, some of his materials regarding the WingMakers and their time capsule were given to a journalist that he had selected at random.
彼の逃亡のすぐ後に、科学者は姿を消しました。しかし、彼が行方不明になる前に、ウィングメーカーのタイムカプセルに関係している資料を、彼が任意に選んだジャーナリストに渡されました。

The author of this document is that journalist. I am in possession of photographs, music, poetry, artwork, translation indexes, copies of secret documents, and a variety of translated philosophical texts that all stem from the Ancient Arrow project. I've taken every precaution to remain anonymous so I can't be traced. I'm convinced that these materials are released against the wishes of a secret organization that probably has powers that even our government is unaware of.
この文書の著者はそのジャーナリストです。私はエシェントアロープロジェクトから生じる翻訳された哲学的な文書や写真、音楽、詩歌、美術作品、翻訳指標、秘密の文書のコピーなどいろいろな者を所有しています.私の正体が突きとめられることができないように、匿名のままでいるためにあらゆる手段をとりました。私はこれらの資料が政府さえ気が付かないほどの力を持っている秘密部門の願いに反して公表されることを確信しています。

Before the ACIO scientist had contacted me, (whom I will hereafter refer to as Dr. Anderson), I felt little or no interest in matters related to time-travel, extraterrestrials, secret organizations, or anything else similar to these issues. When I initially heard the story it seemed preposterous, but I kept my journalistic objectivity, and met with Dr. Anderson and reluctantly concluded that it would be unlikely for an individual to fabricate this story with such detail and supporting evidence, and then desire to remain anonymous.
以前このACIOの科学者に私は連絡を取りました、(私は今後彼をアンダーソン博士と呼びます)、私は問題に対しての興味がタイムトラベル、宇宙人、秘密の機構、あるいはこれらの問題に類似している他の何とも関係があると思われません。私が初めにこの話を聞いたとき、途方もない話に思いました。しかし私はジャーナリストとしの客観性を保ったままアンダーソン博士と会見しました。そして大変言いにくいのですが個人がこのような詳細な証拠を持ってこの話を造りあげたり、また匿名のままでいたい思うはずがないという結論に至りました。

Dr. Anderson had brought files of photographs and drawings of odd-looking technologies that had strange symbols engraved on their outer casings. Research reports referencing the translation tables, cipher protocols, star charts, and dozens of memos from the ACIO department heads discussing the Ancient Arrow project. Everything, including about 400 pages of philosophical text had an authenticity to it that I was unable to reproach or ignore.
アンダーソン博士は写真のファイルと奇妙な記号が外枠に彫られた奇妙な形をしたテクノロジーの図面を持って来ていました。リサーチレポートはACIO 部長の論じたエシェントアロープロジェクトについてのメモや、変換テーブル、暗号プロトコル、星図表など多数を参照しました。そのすべてはおよそ400ページの哲学的な文書を含めての、私が無視することが不可能なほどの信憑性がありました。

In fairness to those who will suggest I should investigate further in order to get independent corroboration before I present these materials, let me just say, that I'm unable to corroborate his story because of the very nature of the ACIO. However, for whatever reason, I trust Dr. Anderson who gave me these materials. He asked nothing from me. He desired no money or recognition. His only request was that I decide how best to bring these materials to the public. He counseled me not to investigate the ACIO because he was convinced the NSA would use misinformation tactics that would simply waste my time and make the goal of releasing these materials difficult if not impossible.
私がこれらの資料を提出する前に独自の確証を得るためにさらに公平に調査するべきであると示唆するであろう人たち言っておきます。ACIOのまさにその本質のため彼の話の裏づけを取ることが不可能であることを。しかし、理由が何であれ、私はこれらの資料を渡してくれたアンダーソン博士を信頼します。彼は私に何も尋ねませんでした。報酬も望みませんでした。彼の唯一の要望は私がこれらの資料を大衆にもたらす最良の方法を決めるということでした。彼は私に、ACIO を調査しないように助言しました。NSAはウソの情報を流す戦術を使い無駄な時間を使うことになり、これらの資料を公表することを困難にするであろうことを確信していました。

I've not contacted any other office of the government because Dr. Anderson told me that this would be traced by the ACIO who had high-level operatives in both the NSA and CIA, and, at best, would only invite misinformation tactics from one or both. I'm in possession of certain documents that I'll withhold from the WingMakers' web site, but if anything were to happen to me, I've arranged to have these documents shared with major media companies whom I know. These are my only safeguards in presenting these materials.
アンダーソン博士は私にNSAとCIA両方に高等なスパイを持つACIOによって追跡されるであろう、そしてよくて片方悪ければ両方からのウソの情報を流す戦術を招くだけであるであろうと言ったので、私は政府の他のいかなるオフィスとも連絡を取りませんでした。私はウィングメーカーのWebサイトに公表するのを差し控える特定の文書を所有しています、もし何かが私の身に起きたならなら、私はこれらの文書が私が知っている主要なマスコミ企業に渡るようにするように手はずを整えました。これらの資料を公開することが、私の唯一の予防策です。

My only interest is in the release of these materials to the public, and then they can decide what to do about them. They may desire to pressure their politicians or take other action, it's their choice. I'm convinced that this story is too important to be held in the hands of an elite organization whose only interest is to re-engineer the technologies found in the Ancient Arrow site and apply them for their own agenda; no matter how noble that agenda may be.
私の唯一の興味は大衆にこれら資料の公表にあります、そして次に彼らはこのことについて何をするべきか決めることができます。彼らは政治家に圧力をかけるか、あるいは他の活動をとることを望むかもしれません、それは彼らの選択しだいです。私はこの話があまりにも重要であることを確信しています、その唯一の興味がエシェントアロー遺跡に発見されたテクノロジーを再設計して、そして彼ら自身の計画のためにそれらを応用するはずであるエリートの部門の手中に持たれること;その計画がいかに立派であったとしても。

I also realize that the Internet Service Provider who is hosting this web site may come under scrutiny, but if any pressure is exerted on this ISP to abandon its hosting service for this site, then this may also cause me to distribute the documents I referred to earlier. Let me be clear, these documents provide incontrovertible evidence of this secret organization known as the ACIO, and its elite directors are named and their real identities exposed.
私は同じくこのWebサイトを主催しているインターネット・サービスプロバイダが調査を受けるかもしれないと思っています、もし圧力がこのサイトのホスティング・サービスを断念するためにこのISPに加えられるなら、同じく私が以前に紹介した文書を配布させるかもしれません。私に明確であるようにさせておいてください、これらの文書は ACIO と呼ばれる秘密部門に有無を言わせない証拠を提供します、そしてそのエリートの局長は名指しで公表します、そして彼らの本当の正体が暴露されるでしょう。

I've spent the last several months agonizing about how these materials should be presented, and it seemed most appropriate to place them on the Internet to enable a global audience to access them. I have a close friend who created this web site whom I trust completely. Other than that, no one knows what I have done here (including my web site host).
私は、これらの資料がどのように公表されるべきであるかについて、苦数カ月悩み過ごしました、そして世界中の人がこれらにアクセスすることができるようにするためにインターネットの上に置くことが最も適切に思われました。私は完全に信頼できるこのWebサイトを作成した親友がいます。その友人以外、誰も私の(Webサイトホストを含めて)ここで何をしたか知りません。

You might ask why I've chosen to reserve full-scale media disclosure of the materials given to me by Dr. Anderson. I can only tell you that I don't want to create a circus atmosphere surrounding this discovery. It may ultimately end-up in the mass media, but for now, my instincts are to keep a low profile for both these materials and myself. In doing so, I hope to preserve some sense of the dignity of these artifacts and let it grow from there.
あなたは私がなぜアンダーソン博士によって与えられた資料を全面的なメディアの公表を留保することに決めたか尋ねるかもしれません。私はただこの開示を取り巻いている大騒ぎ雰囲気を引き起こすことを望まないと言うことができるだけです。最終的にはマスメディアと一緒にやっていくようになるかもしれません、しかししばらくは、私の直感ではこれらの資料と私自身両方のために目立たない姿勢を保持するはずです。そうすることによって、私はこれらの人工物の威厳の若干の感覚を維持して、そしてそれをそこから成長させることを望みます。

I've never been involved in any story approaching this magnitude of importance, and I'm certain that if you spend some time on this web site and suspend your disbelief, even for a few minutes, you will see how important a discovery this time capsule is. The best way you can help is to spread the word about this discovery, and open the eyes of your political representatives. If you have web sites of your own, please link to the WingMakers' site.
私は重要性を持つこの話を持ちかけるような事は一度も関与したことがありません、そして私はもしあなたがこのWebサイトに少しの時間を使って、疑いを捨てるなら、このタイムカプセルがどれぐらい重要な発見なのか分かることは間違いありません。あなたが助けることができる最も良い方法はこの開示を広めて、そして政治的な代表者の目を開かせることです。もしあなたがWebサイトを持っているなら、どうかウィングメーカーのサイトにリンクしてください。

Dr. Anderson had warned me that the ACIO has an advanced version of a technology based on what he called remote viewing. As I understand it, remote viewing is the ability to ascertain the whereabouts of people through some sort of "psychic insight" by someone trained in this technology. I know this sounds far-fetched, but Dr. Anderson was insistent that they had this capability and that it was one of their most feared technologies by those within the ACIO. In effect, it was known to keep their personnel loyal. Unfortunately, this will force me to stay underground and remain very mobile over the next several months, so don't expect too much change to the web site.
アンダーソン博士は私にACIOがリモートビューイングと呼ばれるものに基づいて先進的なテクノロジーを持っていることを警告していました。リモートビューイングはこのテクノロジーを身に着けた者によって「心霊的な洞察」を通して人々の所在を確認する能力だと私は理解しました。私はこれがこじつけのように思われることを知っています、しかしアンダーソン博士は彼らがこの能力を持っていて、それがACIOの中で最も恐れられるテクノロジーの1つであったと強く念押ししました。実際、それは職員を忠実に従わせることとして知られていました。残念なことに、このことは私に隠れたままでいることを強いて、数カ月にわたって非常に流動的のままでいるでしょう、そのためWebサイトに対して多くの更新を期待しないでください。

Believe me, I know that this whole story may seem impossible, but I can only tell you that I've seen detailed drawings and photographs of the artifacts taken from the Ancient Arrow site, and these are most assuredly, to my eyes, not of this time or world. They're unlike anything I've ever seen. Either the WingMakers are real, or someone has gone to a lot of trouble to convince me otherwise・and again, I'm a simple journalist without any ax to grind relative to secret government operations, ETs, time travel, or alien artifacts.
私を信じてください、この一部始終が信じられないように思われるかもしれないとは思っています。私はただあなたにこの目でエシェントアロー遺跡からとられた、詳細な図画と人工物の写真を見たと言うことができるだけです。それらは私が今までに見たことがあるものとは異なります。
ウィングメーカーは実在します。私を納得させるために多くの困難にあいました。私は普通のジャーナリストです。秘密の政府のオペレーション、 ET、タイムトラベル、あるいはエイリアンの人工物と関連する密かなたくらみもありません。

I'm not here to convert anyone. There is nothing to convert to. I simply want to disclose this material and let each individual absorb it as they choose. I will add additional documents and artifacts from the Ancient Arrow site when I feel it is safe to do so, but for now, there's enough material on this site to introduce anyone to the culture of the WingMakers.
私は誰も改宗させる気はありません。改宗する事もありません。私はただこの資料を発表して、それぞれの個人が選択し、吸収することを望みます。私はウィングメーカーの教養は安全であると感じます。しかししばらくは、このサイトで誰もが見ることのできるエシェントアロー遺跡からの付帯文書と人工物の十分な資料を追加するでしょう。

I hope you take the time to immerse yourself in these materials. If you do, you may be surprised at the result.
私はあなたが時間をかけこれらの資料に没頭することを望みます。もしあなたがそうするなら、結果に驚くかもしれません。

Anne (not my real name)
アン(仮名)

Written October 23, 1998
1998年10月23日に書かれました