×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Interview 1 | Interview 2 | Interview 3 | Interview 4(こちらは実際のサイトへリンクしています)
インタビュー1  | インタビュー2 | インタビュー3  | インタビュー4

(訳者注:ここから先は容量が大きいので英文は表示いたしません)
ネルダインタビュー

インタビュー1

次に続くことは私が1997年12月27日にネルダ博士について記録したセッションです。
彼は私の質問に対する答えを録音する許可をくれました。
これは彼が去ったかあるいは姿を消す前に、私がテープに録音することができた5つのうち最初のインタビューです。
私は正確にこれらの記録を保存しました。編集は行ないませんでした、ネルダ博士によって使われた文法と単語を正確に記録しました。
(訳者注:翻訳するにあたり文法や単語の正確性は失われております。)

サラ:        「準備はよろしいですか?」

ネルダ博士:「はい、あなたがよろしければ、準備はできています。」

サラ:        「あなたはエシェントアロープロジェクトに関して驚くべき主張をしました。
                このプロジェクトにおけるあなたの掛かり合いが何だったのか、
                そしてなぜ脱走しようと決めたのは自由意志だったのか、詳しくお話しください」

ネルダ博士:「私は遺跡で発見された絵文字の解読と翻訳を指揮するよう選ばれました。
                私は言語と古代文字についての専門的知識を持っています。
                私は流暢に30以上の異なった言語を話すことが可能です。
                そして公式に消滅している12ぐらいの言語も。
                言語学者としての私の手腕と岩石彫刻のような絵文字
                あるいはヒエログリフを解読する能力のためにこの仕事に選ばれました。
                私はエシェントアロープロジェクトの発端から関係していました。
                そしてその時ACIOはNSAからプロジェクトを引き継ぎました。

サラ:        「フィフティーンはあなたが去ろうとしていることを知った時どうしましたか?」

ネルダ博士:「私は言葉なしで去ったので、彼は私と話すチャンスはありませんでした。
                けれども私は彼が腹を立てていて、裏切られていると感じていると思います。」

サラ:        「フィフティーンについて教えてください。彼はどのような人物ですか?」

ネルダ博士:「フィフティーンは比類ない知能と知識の天才です。
                彼は1963年の発端時からラビリンスグループのリーダーでした。
                1956年にACIOに加入したとき、彼はまだ22歳でした。
                私は彼が学会で有名になる前に見いだされたと思います。
                彼はタイムとラベルを可能にする十分なパワーを持ったコンピュータを作ろうとした変わり者の天才でした。
                あなたは1950年代半ばにそのような目標がどのように教授に聞こえるか想像できますか?
                言うまでもなく、まともに受けとめられず、理論的な定義に沿ってまともな研究を行なうように言われました。
                フィフティーンはベル研究所との提携を通してACIOに来ました。
                どういうわけかベル研究所は彼の天才的才能を聞き知って彼を雇いました。
                しかし彼は彼らの研究計画を速く終わらせ、タイムトラベルの彼のビジョンを専念することを望みました。」

サラ:        「彼はなぜタイムトラベルにそれほど興味を持っていたのでしょう?」

ネルダ博士:「誰もまったく分かりません。
                そして彼の理由は時が経つに連れ変わっていったのかもしれません。
                認められた目的はブランクスレートテクノロジー(BST)を開発することでした。
                BSTはある形式の介入点と呼ばれるものによって歴史の書き換えを可能にするタイムトラベルです。
                介入点とはソ連の分裂やNASAの宇宙計画のような主要な出来事を引き起こす原因となるエネルギーの中心点です。
                BST は最も進歩したテクノロジーで、BSTを所有している者は誰もが確実に、
                どんな攻撃者からでも自身を守ることができます。
                "自由の鍵"それはフィフティーンが好んで使った言葉です。
                ACIOは地球圏外のテクノロジーを軍用と同様に世の中に適応させる方法を持っている
                主要な接触点であったことを忘れずにいてください。
                我々はETにさらされていて、そして彼らの計画について知っていました。
                これらETの数種はACIOの間で大混乱を招くほど物凄く怖がらせました。」

サラ:        「なぜですか?」

ネルダ博士:「政府との間に一般にグレーと呼ばれるET種に協力する協定がありました(特にNSAとの)
                彼らの協力を得るために、彼らが生物学的実験を秘密裏に行なう行為と引き換えにました。
                同じくやりそこなった技術移転プログラムがありましたがそれは別の話です。
                しかしすべてのグレーが統一された計画の中で活動していたわけではありません。
                これまでの48年間、彼らは人と動物を誘拐していました。
                彼らは自分達の遺伝学がどのように人間と動物の遺伝構成 に
                互換性があるかを決定するための生物学的実験を行なっています。
                彼らの考えは完全には理解できません。
                しかしもし彼らの言う計画を受け入れるなら、それは彼らの種を永続させるはずです。
                彼らの種は絶滅に近付いています。
                彼らの生物学的な体系は確実な方法で彼らの優れた技術能力を利用するための感情的な発達に欠けます。
                フィフティーンはACIOの役割によりグレーと接触しました。
                彼らは全面的な技術移転プログラム提供を望みましたがフィフティーンはこれを断りました。
                彼はすでにコルテウムとTTPを確立していましたし、
                グレーが約束を果たすにはあまりにも組織的に崩壊されいるように思えたからです。
                さらにコルテウムテクノロジーはたいていグレーより優れていました。
                グレーの記憶移植と彼らの遺伝学の混成テクノロジーを例外として。
                しかしフィフティーンとラビリンスグループは慎重にグレーとの提携を考えました。
                もし彼らの言う計画に関して直接メッセージするより他の理由がないなら。
                フィフティーンはやがて我々との間に適度な情報交換から成り立った同盟を制定するほど詳しい情報が欲しいと望みました。
                我々は遺伝個体数と関連して我々の情報システムへのアクセスを彼らに提供しました。
                そして彼らのすばらしい傾向は行動を含めて精神、感情的、物理的ないろいろな基準に交差しています
                ;そして彼らは遺伝学の調査結果を我々に供給しました。
                グレーやほとんどの宇宙人は人間とのコミュニケーションに関してはある形式のテレパシーを通して行います。
                我々はグレーが会話を特定の結論に仕向けようとしていたので、我々は示唆に富むテレパシーと呼びました。
                言い替えれば、彼らには常に計画があり、そして我々は彼らの計画の担保であったかどうか定かではありませんでした、
                あるいは我々は本当に我々自身のものであった結論に到達しました。
                私はそれがフィフティーンがグレーを信頼しなかった理由であると思います。
                彼らはコミュニケーションを共有利益に優先して
                結果が彼ら自身の最大の利益になるように操るために使ったと感じました。
                信頼の欠如のためにフィフティーンは ACIO あるいはラビリンスグループで我々のオペレーションに理解力があるか、
                あるいは不可欠であったどんな提携あるいはTTPも組織することを拒否しました。」

サラ:        「グレーはラビリンスグループの存在について知っていたのでしょうか?」

ネルダ博士:「私はそう思いません。
                彼らは人間が彼らの計画を覆い隠すのに十分ではなかったことを確信していました。
                我々の分析ではグレーが彼らの敵の弱点について
                彼らに偽りの安心感を与えた侵略的なテクノロジーを持っていたということでした。
                そして我々が敵であったと言っていません、しかし我々は決して彼らを信頼しませんでした。
                そしてこのことは、彼らは確かに知っていました。
                彼らはACIOがテクノロジーと他の地求人より優れていた知識を持っていたことを知っていました。
                そして彼らは少なからず我々の能力に敬意(多分恐れさ)持っていました。
                しかし決して彼らに我々の純粋なテクノロジーは見せず、
                宇宙科学あるいは新しい物理学に関して彼らを濃い対話に加わらせませんでした。
                彼らは明らかに我々の情報データベースに興味を持っていました。
                そしてこれはACIOに関しての彼らの最初の計画でした。
                グレーはフィフティーンを一番の接触点としました。
                それは彼らと同等の知性をフィフティーンに感じたためでした。
                グレーはフィフティーンを地球の代表者と同等だと見なしました。」

サラ:        「フィフティーンはどのように ACIO とラビリンスグループ両方のリーダーになったのですか?」

ネルダ博士:「1958年にコルテウムが最初にACIOに知られるようになったとき彼は研究の部長でした。
                彼は彼らのテクノロジーをACIOにとって価値があるか論理的に判断し決定する立場でした。
                コルテウムはすぐに彼を受け入れました。
                そしてフィフティーンの最初の決定の1つが自分自身にコルテウムの知能加速技術を施することでした。
                実験のおよそ3カ月後にフィフティーンはBSTを作る重大なビジョンで満たされたようになりました。
                幹部はフィフティーンのBST計画の熱心さに心配し、
                それが眉唾的な技術開発計画にACIOの資金の流れを変えるであろうと感じました。
                フィフティーンはコルテウムに協力したりラビリンスグループを設立たりする変わり者として十分でした。
                コルテウムはフィフティーンと同様の理由でBSTに関心がありました。
                自由の鍵と時々言われ、ラビリンスグループの主要な計画として確立されました。
                そしてコルテウムとフィフティーンはその最初のメンバーでした。
                数年にわたって、フィフティーンはコルテウムとの共同でBSTを発明するために、
                ACIOの科学者たち中から精鋭を選択し育成する為に知能加速プログラムを適用しました。
                フィフティーンの意見ではACIOはNSAによってあまりにもによってコントロールされました。
                彼はラビリンスグループは責任を持って技術を実装する指導体制があまりにも未熟で
                NSAの派生物として生じるであろうと感じました。
                それでフィフティーンはどうしてもACIOを引き継ごうと思い、
                そうするために彼の新しい部下によって支援されました。
                私がACIOのインターン生と提携する数年前にこれは起きました。
                この移行が起こったとき不安定な時期がありました、
                しかしおよそ1年後に、フィフティーンはしっかりとACIOとラビリンスグループ両方の取締役になりました。
                私が以前に言ったこと、彼が地球の代表者だと見なされたこと。
                そして人類と相互に作用しているETについて、ただコルテウムだけがフィフティーンの役割を理解します。
                それがBSTの開発のための青写真であって、そしてこれを可能にするであろう正しい技術、
                人間の要素に迫ってきているという点で、彼はすばらしいビジョンを持っています。」

サラ:        「フィフティーンとラビリンスグループをBSTに駆り立てるのはなんでしょう?」

ネルダ博士:「ACIO は地球の予言を含む多くの古代文献へのアクセスを持っています。
                これらは秘密組織のネットワークを通してこれまでの数百年にわたり蓄積されました。
                これらの古代文献は学術団体、メディア、世間で知られません
                それらは21世紀の描写で非常に説得力があります。
                フィフティーンがACIO局長になってすぐにこれらの文献に気付きました。
                そしてこの知識はただBSTを開発したいという彼の願望をたきつけただけでした。」

サラ:        「これらの予言とは何ですか?誰が作ったのでしょうか?」

ネルダ博士:「予言の大部分は、不明か匿名のいろいろな人々によってされました。
                もし私があなたに彼らの名前を言ってもあなたは知らないと思います。
                いいですか、タイムトラベルは精神力によって観察の水準なら達成されることができます。
                すなわち、特定の個人が我々が縦の時間と呼ぶ領域を移動してとても明瞭に未来の事象を見ることができます。
                しかし彼らは事象を変えることはできません。
                同じく我々の考えでは、ウィングメーカーとの接触して未来についてのメッセージを受け取っている個人がいます。
                そしてそれを彼らは絵文字あるいはシュメール語、マヤ語、チャコブサンのような消滅した言語で記録していました。
                彼らがしたメッセージあるいは予言が21世紀の早い時期、西暦2011年の頃に起こるだろう、
                いくつかの一貫した要素あるいは主題を持っていました。
                これらの間の最高責任者はエイリアンによって、国際連合を含めて、世界の主要な政府への潜入でした。
                このエイリアンは人類に融け込むことが可能な非常に精巧な技術を持つ捕食型種族でした。
                すなわち、彼らは地求人になりすますことができました。
                しかしそれらは本当に人とアンドロイドの混合で言い換えればそれらは合成体でした。
                このエイリアンは世界政府を設立して、その執行権と支配すると予言されました。
                それは究極の人類の生き残りをかけた運命でした。
                これらの文献はあまりにも大衆を恐れをさせ、
                多分破滅的な報復と大量の狂気をもたらす結果になるであろうことから大衆から隠されました」

サラ:        「私はあなたが何を言っていると思うか分かりますか?
                無名の神からの予言者はロボットの種族によって我々の未来が乗っ取られるビジョンを見たということ?
                私はあなたの言うことが本当なら、そのことが信じ難く聞こえます。」

ネルダ博士:「ええ、それが信じられないように聞こえることは分かります。
                しかし宗教上の文献にまさしくこの同じ予言の希釈されたバージョンがあります。
                エイリアンが反逆天使のかたちで象徴されるかのように反キリストとして描写されるのです。
                この形の予言はこれらの文献の監視役にとって受け入れられました。
                そして彼らは予言が広まることを可能にしました。しかしエイリアンの見解部分は削除されました。」

サラ:        「なぜですか?誰が我々が読むことができる、できないものを検閲しているんですか?
                あなたは流通前の本を見る秘密の編集委員会があることを示唆しているのです?」

ネルダ博士:「これは非常に複雑な話です、この情報のコントロールの総合的な構成を丸1日かけて話すことができます。
                世界の大部分の主要な図書館は一般大衆にとって入手不可能な情報の著作集を持っています。
                学者だけがこれらの資料を再検討する権限を与えられます、そして通常の部分だけですが。
                同じように論争の的である、彼らが受け入れた信念と異なった理論を仮定した文献があります。
                これらの文献あるいは著作はバチカン宮殿、大学、政府と数々の学会を含めて払いのけられました。
                このような著作物はこの情報を集め維持する秘密の組織によって探し求められます。
                これらの組織は潤沢な資金を供給されて非常に強力で、
                彼らは比較的小額の金銭でこれらのオリジナルの文献を購入することができます。
                著作の大部分がとにかくごまかしであると思われ、
                それで図書館はわずかな寄付金にしばしば進んでそれらを手放そうとします。
                これらの大部分は印刷にかけられる前の出版されなかったオリジナルの著作物です。
                金融市場と現世的な問題における彼らの所有権を通して大ざっぱに接続されている秘密の組織のネットワークがあります。
                それらは彼らのそれぞれの国の通貨制度のために権力の中心で最初の秩序のエリートです。
                ただACIOが世界中で最も高度なテクノロジーを持っていることは正しく、ACIOはこのネットワークと関係しています。
                そしてこのテクノロジーは市場操作を通して金融の増進のために動かすことができます。
                編集の委員会については、いや、組織の秘密のネットワークは刊行の前に本を再検討しません。
                その所有はもっぱら古代の文献と宗教的な文献にあります。
                彼らは縦の時間の概念を信じ、経済に影響を与えることができるマクロ環境の変更を知ることにおいて、
                それらが確定権利を持っているから、彼らは予言に対しての非常に強い興味を持っています。
                あなたはそれらの大部分を見ています。
                この惑星の唯一のゲームはプレーする価値を持つ常に増加する資産の買収です。
                世界経済の機関を動かす基本変数の調整された操作を通してつき進む。」

サラ:        「彼らが未来についてそれほど利口でこれらの予言を信じるなら、
                彼らは我々をこれらのエイリアンの侵略者から守るために何をしているんですか?」

ネルダ博士:「彼らはACIOへの資金提供を手伝います。組織のこの共同体は巨大な資産を持っています。
                たいていの政府より理解することができます。
                ACIOは金融市場を操って、そして毎年何千億ドルもをかき集める技術を彼らに提供します。
                私は彼らの共同の資産の範囲を知りません。
                ACIO自身の防御と防護のために希釈された技術の販売からこれらの組織まで同じく資金を受け取ります。
                我々は世界の中でも一番の防御システムを発明しました、
                そしてそれはCIAと前KGBのような外部の勢力にも検知できないほど堅固です。
                彼らがACIOに資金を供給する理由はフィフティーンが有効な最も素晴らしい人間であると信じ、
                BSTを開発するために彼の総合的な計画に気付いているということです。
                彼らは予言と世界の相対的な管制と国民経済を維持する能力に対してこのテクノロジーを究極の予防策として考えます。
                彼らはエイリアンの技術におけるフィフティーンの戦略上のポジションを知っていて、
                彼の天才性とACIOが吸収しているエイリアンの技術の間に、
                BSTが予言が起こる前に開発することが可能であることを望んでいます。」

サラ:        「でもなぜ突然ウィングメーカーのタイムカプセルに対して興味をもったのですか?
                それにどのようにBSTにおける役割をするのでしょうか?」

ネルダ博士:「初めに、我々はエシェントアロープロジェクトとBSTとの間の接点が何であったか知りませんでした。
                峡谷の内部で文字通りに刻まれた23の部屋の文献のあったタイムカプセルが、
                ニューメキシコの人里離れた壁で囲われたチョコ渓谷のおよそ80マイル北東にあったことを理解しておいてください。
                それは紛れもない前代未聞の最も驚くべき考古学の発見です。
                もし人工物のすべてが損なわれないという条件で科学者がこの遺跡を調べることを許されたなら、
                この信じ難い発見に畏敬の念を感じるでしょう。
                我々の仮説ではこの遺跡が8世紀に地球を訪問していた宇宙人によって
                残されるタイプのタイムカプセルであったということでした。
                けれども我々は美術品がなぜそれほど明らかに地球にとっての表現であったか理解することができませんでした。
                もしそれがタイムカプセルであったなら。
                唯一の論理的な結論はそれが人類の未来のバージョンを示したということでした。
                けれども我々がどのように光ディスクにアクセスし、
                文書の第1セットを翻訳するべきか理解するまで確信していませんでした。
                我々はウィングメーカーが理解されることを望んだ明確な方法を持った途端に、
                それらの部屋の絵、詩歌、音楽、哲学と人工物を分析することによって、我々は彼らの要求をテストし始めました。
                この我々の分析はかなり彼らを正しかったことが分かりました。
                そして彼らが単にタイムトラベラーであったというだけではなく、ある種のBSTを所有していたことを意味しました。」

サラ:        「なぜ彼らがBSTを持ったと想定したのですか?」

ネルダ博士:「我々は彼らがタイムカプセルを作成するには最小限2カ月を要したと思いました。
                    これは選択されたタイムフレームの中でそれらに開いて、
                    そして時間のウインドウを開いたままにしておいて、そして物理的に稼働するようにしたでしょう。
                    これはBSTの基本的な必要条件です。
                    さらに精度で介入点を選択することが必要です、共に時間と空間に関して。
                    我々は彼らがこの能力を持っていたと信じました、そして彼らはタイムカプセルでそれを証明していました。
                    さらに彼らが後に残していた技術的な人工物は我々が理解することができなかったほど優れたテクノロジーの証拠でした。
                    我々の知っている宇宙人の技術をもってしても理解できないほど進歩した技術でした。
                    エシェントアロー遺跡に残された技術はまったく得体が知れなくて我々の調査にも動じませんでした。
                    我々はそれらが非常に文字通りに識別できなく、使用できなかったと、
                    奇妙に聞こえるかもしれませんが、非常に進歩したテクノロジーの明確なサインなのです。」

サラ:        「それであなたはウィングメーカーがBSTを所有していたと決定しました.
                    しかしあなたはどのように彼らの知識を獲得しようとしていたと思いましたか?」

ネルダ博士:「我々は理解していませんでした、そして今日に至るまで、その質問への答えはあいまいです。
                    ACIOは集中的に二ヶ月以上このプロジェクトを上位に置きました。
                    私はタイムカプセルがコード化された通信装置であったと仮定しました。
                    私は一つの流動的な知能を改善した方法で数々の絵文字と相互に作用して、
                    そしてタイムカプセルの芸術と哲学でそれら自身に浸す体験したとき、
                    それが中枢神経系に影響を与えるという理論を立て始めました。
                    BSTが単に開発されても利用できるだけではないように、
                    流動的な知性を引き上げることは、タイムカプセルの原理目標でした。」

サラ:        「私はわからなくなってきました。BSTと流動的知性との関係は何ですか?」

ネルダ博士:「BSTは特定の形のタイムトラベルです。
                   SF小説はタイムトラベルを比較的、容易に設計開発して1次元として扱います。
                    タイムトラベルは1次元どころではありません。
                    コルテウムとグレーがテクノロジーにおいて進歩している彼らにもまだBSTと同等の物を作り出していません。
                    彼らはその基本的な形のタイムとラベルすることは可能ですが彼らのタイムとラベルは相互に作用することができません。
                    すなわち、彼らは時間を遡ることはできます.
                    しかし彼らが受動的な観察者立場にいるから、その時の出来事を変えることができないのです。
                    ラビリンスグループはこれまでの30年に渡って7回のタイムトラベル実験を行ないました。
                    これらのテストからの1つの明確な結果が得られました。
                    タイムトラベルを行なっている人がタイムトラベルテクノロジーに慣れた不可欠な変数であるということです。
                    言い替えれば、人とテクノロジーは正確を釣合う必要があります。ラビリンスグループは、それを知っています。
                    すでにBSTを所有しますが、リアルタイムで適切にテクノロジーをうまく操って、
                    BSTで必要とされる一瞬の判断をすることができる宇宙飛行士のようなタイムトラベラーがいないのです。
                    ラビリンスグループはBSTテクノロジーにとって人間の要素が不可欠であると思いませんでした。
                    それがタイムカプセルの性質であったと感じ始めたウィングメーカーの翻訳インデックスに関係していた者がいました。
                    :流動的な知性を強化して、BST経験に重要であった新しい感覚の投入を活性化するために。」

サラ:        「けれども私はまだあなたをその結論に導いたものが分かりません。」

ネルダ博士:「我々が翻訳した光ディスクからの文書の最初の30ページは、
                    ウィングメーカーと彼らの哲学についていくつかの興味深いことを学びました。
                    すなわち、彼らは人間が順応した3次元の5つの感覚の領域は知性のわずかな部分を使っているだけであると主張したこと。
                    彼らは3次元の5つの感覚の領域から多次元の7つの感覚の領域までタイムカプセルが橋渡しになるであろうと主張しました。
                    私の意見では、彼らはBSTを用いるために、トラベラーは多次元の7つの感覚の領域を機能させる必要があったと言っていました。
                    さもなければ、BSTはことわざの針の目にラクダを通すようなもの、言い替えれば不可能なことでした。」

サラ:        「これは私に少なくとももっともらしく思われます、なぜACIOはそれを信じることがそれほど難しかったですか?」

ネルダ博士:「この主導権は本当はACIOではなく、ラビリンスグループによって行なわれました、
                   それで私はその区別を正確であること、
                   そしてあなたの質問について批判的でなくて公正であるようにしています。
                   フィフティーンは、タイムカプセルが作動するか、
                    あるいは誰かをトラベラーになるように仕向けるであろうブリッジを建設することができると信じることは難しかったです。
                    これは極めてわずかな可能性のように思われました。
                    彼はタイムカプセルがBSTを可能にする技術を持つかもしれないと感じました.
                    しかし彼はそれがただの教育か発達上の経験であったと信じませんでした。
                    同じく、そしてもっと重要なことに、我々がRV技術を働かせたとき、ウィングメーカーの本当の正体は明確になりました。」

サラ:        「まず、そのRV技術とは何ですか?」

ネルダ博士:「それを心霊的なスパイ行為であると考えてください。
                    ACIO はリモートビューイングテクノロジーを専門に扱う部門を持っています.
                    そしてこの部門の中にRVとしての比類ない能力を持つ女性がいました。
                    彼女はそのRVとしてプロジェクトに任命されました。
                    そして、ウィングメーカーの正体と目的を調査するための重要な要素でした。」

サラ:        「我々はRVテクノロジーの話に戻ることができますか?
                    ただ今は彼女がウィングメーカーの正体について発見したものを話してください。」

ネルダ博士:「彼女は我々をエシェントアロー遺跡に導いた帰着装置であることが分かった最初の人工物に非常に同調していました。
                    我々は2つの公式のRVセッション(一回は私がもう一回はフィフティーンがモニターした)を行ないました。
                    彼女はエシェントアロー遺跡のオリジナルの設計者とコンタクトをとることが可能でした。
                    これらの2つのRVセッションを通して我々はウィングメーカーの正体が人類の最古の種族であったと決定することができました。」

サラ:        「あなたが言う最古とは何を意味しますか?」

ネルダ博士:「我々はこれら生物のことは主に少数の古代文献を通して知っています。
                    マヤそしてシュメール語の文献にこれらが同じであることを示す少数の神話があります。
                    けれども最も決定的な文献は我々の用語でセントラルレースと定義したコルテウムの文献です。」
 

サラ:        「彼らがそれほど技術的に先進的であるなら、どれほど古代なのでしょうか?」

ネルダ博士:「セントラルレースは宇宙の中心部の最も近く最も太古の銀河系外星雲に住みます。
                    コルテウムの宇宙科学によれば、宇宙の構成はそれぞれ中央の宇宙を中心に回る7つの超空間に分割されます。
                    中央の宇宙は最初の源の重要な場所あるいは創造者です。
                    コルテウムによれば、肉体上の領域を支配するために、
                    最初の源が重要性に居住して、そして肉体上の領域で役割を果たさなくてはなりません。
                    中央の宇宙は最初の源の重要な場所で不変です。
                    それはその周囲に最も近くにある銀河系外星雲からでも見えない暗い重力場によって囲まれています。
                    コルテウムは中央の宇宙が動かず永遠であることを教えます。
                    他方7つの超空間は時間の生成であって、反時計回りで中央の宇宙を中心に回ります。
                    これらの7つの超空間のまわりに非バリオンの問題あるいは時計回りで7つの超空間の回りを回転する
                    反物質粒子から成り立つ物理的でない元素である「外」か、あるいは非中心的な空間があります。
                    この巨大な大気圏外空間は超空間は内に広がる膨張領域です。
                    あなたがたの天文学者が見る周知の宇宙はその最も外側の周囲において
                    主として我々の超空間と膨張宇宙の小さい断片です。
                    ハッブル天文台が見るわずかな視野に基づいて500億の銀河系外星雲があり
                    それぞれ1000億以上の星を含んでいると推定します。
                    たいていの天文学者が我々の領域が一つであると確信しています。
                    しかしコルテウムによればそれはそうではありません。
                    中央の宇宙の周辺の上にセントラルのレースが位置します、
                    そしてそれは創造物のオリジナルの人間のDNA原型を含みます。
                    しかし、彼らは非常に太古の種族です、彼らは我々の未来の姿で、我々の前に現れると神々として見えます。
                    時間と宇宙は唯一の区別の変数です。
                    セントラルレースは人類の主要な原型を開発した創造者神々として知られています、
                    そして宇宙が膨張したとき生命運搬人として、銀河系外星雲に種を蒔きました。
                    7つの超空間のそれぞれが特有な目的を持って
                    セントラルレースによって取得するべきDNAが明確であるという状態で、
                    セントラルのレースがどのように実験したかに基づいた中央の領域との関係、
                    けれども互換性がある物理的な具体化がソウルキャリアです。

サラ:        「私は次に何に尋ねるべき言葉がありません。」

ネルダ博士:「セントラルのレースは7つの種族に分けられます、
                    そして彼らは熟練した遺伝学者と人間類似の種族の先祖です。
                    結果において、彼らは我々の未来の自己なのです。
                    文字通りに何に彼らは我々が進化するのかそして宇宙に関しての事を示しています。」

サラ:        「ではあなたはウィングメーカーが我々の未来の自己であり、
                    彼らは我々とコミュニケートするためにこれらのタイムカプセルを作っったと言うのですか?」

ネルダ博士:「ラビリンスグループはウィングメーカーがセントラルレースの代表者であり、
                    彼らが我々の宇宙で適切なソウルキャリアになるために我々の特定の人間の遺伝子型を作ったと思いました。
                    エシェントアロー遺跡は広範囲のそれぞれの大陸の上に置かれた7つの遺跡と緊密に結びついたシステムの一部です。
                    一緒に、我々はこのシステムが防御的なテクノロジーを構成すると信じます。」

サラ:        「それは7つのエシェントアロー遺跡のことですか?」

ネルダ博士:「そうです。」

サラ:        「あなたはそれらがどこにあるか知っているのですか?」

ネルダ博士:「残っている6つの遺跡がどのへんにあるか知っていますが細かな場所の特定は知りません。
                    私が知る限りそれらは未だ発見されていません。」
サラ:        「最も進歩した種族、あるいは人類の未来のバージョンはなぜこのような技術と
                   人工物の精巧な配列を地球上に置いたのでしょうか?
                    彼らは何を恐れているのでしょうか?」

ネルダ博士:「彼らは太古からの手ごわい敵を持っています、そしてそれをフィフティーンはアニムスと呼びました。」

サラ:        「合成体の話に戻ったのでしょうか?」

ネルダ博士:「同じをものです。」

サラ:        「ウィングメーカーは人類遺伝学をアニムスの侵略から守っていて、
                    どういうわけか彼らが惑星を乗っ取るのを阻止するためにこれらの遺跡、
                    あるいは防御的な技術を地球上に置いたというのですね?」

ネルダ博士:「それはどうしても我々が信じることなのです。しかしそれは人間のDNAより多く、
                    人間はすべての高等動物を含むおよそ120の種の共同体の1つなのです。」

サラ:        「そしてあなたはRVのビジョンや太古の文献、コルテウムによりこのすべてを知っています。」

ネルダ博士:「それが信じ難く聞こえることを認めます。
                    我々はこの著作権の消滅した誰もアクセスできず確証することができない情報源からすべてを知っています。」

サラ:        「それでウィングメーカーあるいはセントラルのレースは我々と多分何百という他の種を造り、
                    地球上に我々を置いて、次に彼らの遺伝学を守る複雑な防御的なシステムを構築したということですか?」

ネルダ博士:「これらの生きものがそうであると考える最も良い方法はそれらを最初に生まれた遺伝学者であるとみなすことです。
                    セントラルレースが存在する銀河系外星雲は出来ておよそ180億年です。
                    そして彼らの遺伝学は我々よりも果てしなく発達しています。
                    彼らが物質界と非物質の次元に同時に存在することができるという点で、彼らは最適なソウルキャリアなのです。
                    これは彼らの遺伝子の青写真が完全に活性化したからです。」

サラ:        「あなたはこの哲学の信者であるような口振りです。
                    もしそれがコルテウム宇宙科学であるならなぜこのような影響力があるのか理解できません。
                    彼らがあなたにこれを教えたのですか?」

ネルダ博士:「コルテウムと我々のTTPの一部が宇宙科学を広げました。
                    そして彼らは私が翻訳したリミナルコスモロジーと呼ばれる我々の聖書の相当する物を持っています。
                    それは我々がセントラルのレースに最初の詳細な公開でした。遺伝進化と転移の彼らの陰の影響力。」

サラ:        「「陰で」とは何を意味しますか?」

ネルダ博士:「ウィングメーカーは、7つの超空間のそれぞれに形式によって適していられたDNA原型を作成しました。
                    そして独自の支配的なソウルキャリアに超空間のそれぞれの中で出現することができるようにして。
                    このソウルキャリアは人間の遺伝子型です。
                    我々の遺伝基板の中に完成された核種として究極的に中央の宇宙に我々の種を救うであろう生来の構成があります。
                    ウィングメーカーは我々のDNAの中でこれをコード化して、我々の遺伝構成を変えて、
                    そして順応させる自然の、人工の引き金ポイントを明らかにしました。
                    この過程で、我々が意識して活性化することはまだこれからであり我々の五感と2つの追加の意味からのデータの
                    ずっとより豊かな流れで頭脳に供給する我々の神経系の一部を作動させます。」

サラ:        「それは作り話のように聞こえます。」

ネルダ博士:「どういう意味ですか?」

サラ:        「人間がある日ウィングメーカーを強く熱望しても我々の救いが見えない遺伝子にコード化された何かであることだけ。
                    我々の創造者の同じ見解あるいは展望を達成するために作られたように思います。
                    自由意志で起きたことなんですか?」

ネルダ博士:「あなたは良い質問を提起します、サラ。
                    私は信頼するこのシステムを弁護することができません。
                    私が知っている本からあなたが望むどんな節でも暗唱することができます。
                    しかしそれを書き留めるのに時間を要したのはちょうど誰かの意見です。
                    私の経験としてあなたに話すことができます。
                    広義としての可能性の範囲は多次元の考えの流れ、動き経路に近付きます。
                    狭義では彼らの正しい生き方に関係があるようになります。」

サラ:        「あなたが私を助けようとしていることをわかりますが話が見えなくなってきました。
                    でも再び説明しようとしないでください。 ただ私の鈍い頭が邪魔をしているせいですから。」

ネルダ博士:「それは私の説明が悪いからです。ある意味でこれらのことを定義することは難しいです。
                    それはその準備点においてあなたの意識に入ることができます。」

サラ:        「あなたは以前にウィングメーカーによってコードされたものが共に自然で、
                    そして人工的に刺激されたポイントを引き起こすと言いました。
                    それはどういう意味でしょうか?」

ネルダ博士:「再び、私はこれら全てはコルテウムによるものであるとを強調しておきます。
                    我々自身の実証的研究からはこれらの証明は極めて少ししか持っていません。
                    しかし、ラビリンスグループはコルテウムの歴史から彼らの宇宙定数システムにおける
                    信頼の高い段階を探検家種族と物理学は彼らの優れたアプリケーションだと示します。
                    我々の人間のDNAは設計されています。時間と物質、エネルギーからは生まれませんでした。
                    セントラルレースによって設計されました。
                    そしてこの設計の一部がDNA原型の中で人に特定の方法でそれ自身を認知することができるようにする
                    ある特定の超感覚の能力をコード化するはずでした。」

サラ:        「特定の方法とは何ですか?」

ネルダ博士:「ソウルキャリアとして接続されます。それはプリズムを通過する光線ように宇宙は色スペクトルに接続しています。」

サラ:        「あなたはもう少し具体的な方だと思いました。」

ネルダ博士:「申し訳ありません。時々私はたとえ話を引用します。毎回私自身の説明をひねり出すより楽なもので。」
(笑い)

サラ:        「間違いなく写真なみの記憶を持っていることの副作用の1つですね。」

ネルダ博士:「そうかもしれません。今度は私自身の言葉で話してみましょう。
                    我々のDNAは自然のイメージ、単語、音色、音楽と他の外力に反応するよう設計されています。」

サラ:        「「反応」とは何を意味しますか?」

ネルダ博士:「それは作動するか、あるいは両方ともで適応を可能にする生物学的なものやより高等な生き物について
                    その構成のある特定のコンポーネントの効力をなくすことができます。」

サラ:        「似たようにですか?」

ネルダ博士:「我々の惑星の精神的な教師によって記述された啓発のように。」

サラ:        「私は1人も適応した何かとして一度も啓発について聞いたことがありません。」

ネルダ博士:「それはただ神秘主義者と科学者が同様に人間のDNA原型のこの局面を理解しないからです。
                    それらすべてが生物学的な環境あるいは精神状態であるかにかかわらず、経験している人の側に立った適応を必要とします。
                    適応は我々の遺伝情報の中で設計される主要な知性です。
                    そして呼び起こされるか、あるいはある特定の刺激で引き起こされるのはこの知性です。
                    刺激は人工的に誘発することができます。
                    すなわちセントラルレースは触媒であるイメージ、単語、あるいは音を通して引き起こすことができ
                    我々のDNAの中により高い振動周波数に適応をコード化しました。」

サラ:        「オーケー、それで今あなたはエシェントアロー遺跡で発見された人工物の目的であるふりだしに戻っています。よろしいですか?」

ネルダ博士:「私はそれらは関連していると信じます。どの程度まで確かかは分かりませんが。
                    けれども、光ディスクの中に含まれる情報を読んだことから、
                    ウィングメーカーは音楽、芸術、詩情と哲学が触媒であるように思えることは確かです。」

サラ:        「何の目的のために?」

ネルダ博士:「その話は後に取っておきましょう。その話に持って行くことを約束します、しかしそれは非常に長い話です。」

サラ:        「ちょっと休憩してから再開しましょう。そしてまだコーヒー飲む機会があるかもしれませんね。オーケー。」

ネルダ博士:「オーケー。」

(およそ10分間の中断。そしてインタビューの再開)

サラ:        「休憩の間に私はACIOが参加している秘密の組織のネットワークについて尋ねました。
                    あなたはこのネットワークとその計画が何であるかと詳細に述べることができますか?」

ネルダ博士:「素晴らしい外面と秘密の内面を持っている多くの組織があります。
                    言い替えれば、彼らは対外的な計画を持っているかもしれません。
                    彼らは、それらの従業員にメンバーとメディアを促進します。
                    けれども秘密の隠された計画があり、部門の内部の中心だけがそれに気付いています。
                    外側にいるメンバーたちが時々言及するとき、表向きの部門の本当の計画を粉飾しています。
                    IMF、外交委員会、NSA、KGB、CIA、世界銀行、
                    連邦準備銀行はこれらの組織構造のすべての事例です。
                    それらの内部の中心は自身の文化、経済と通信システムで、秘密のソサエティを組織するために結合されます。
                    これらはパワフルなもので、そして裕福である政治的な世界を操るために協力した。
                    それらの個人の計画を容易にする経済の、そして社会のシステム。
                    計画は、私がそれを知っているように、主に世界経済とその肝要な供給源、
                    石油、金、ガス準備金、プラチナ、ダイヤモンドなどのコントロールに関係しています。
                    この秘密のネットワークは世界経済のコントロールを安全に保つ目的のためにACIOの技術を利用しました。
                    彼らはデジタル紙券通貨相当に基づいて統合化された世界経済を設計することについての過程の中に健在です。
                    このインフラは決まった場所にあります、しかしこの秘密のネットワークの厳密な性質を理解しない、
                    しかし直感的にその存在を感じる競争的な力の抵抗のために実行するのに予想より多くの時間を要しています。
                    これらの競争的な力は一般にビジネスです、
                    そしてグローバルな、デジタル経済に移行で提携するが、若干のインフラ整備支援の、
                    そしてそれらの大きさためのコントロールと市場におけるポジションを持つことを望む政治家が
                    この秘密のネットワークに重要な影響力を加えることができます。
                    その計画とそのために最もパワフルなものあるいはアルファ部門について、
                    完全に独立している私が知る唯一の部門はラビリンスグループです。
                    そしてそれらはそれらの純粋な状態の技術とそのメンバーの知性のためにこの立場にあります。
                    すべての他の組織は 組織のこの秘密のネットワークの部分あるいは強力な多国籍企業であるかにかかわらず
                    それらの計画の実行の管理をしません。
                    彼らはどうしても激しく競い合う戦闘で動きが取れなくなっています。」

サラ:        「けれどももしこれが本当なら、フィフティーンはどうしてこの秘密のネットワークを行なっているのですか?」

ネルダ博士:「いいえ。彼はこの秘密のネットワークの計画に興味を持っていません。むしろ退屈させられます。
                    彼は権力や金銭に対しての興味を持っていません。
                    彼の興味はただBSTの開発と12,000年前から予言されていた
                    敵対的なエイリアンの攻撃を妨害する使命に引き付けられるだけです。
                    彼はラビリンスグループのかなりの知的な権力を実装する価値を持った唯一の使命が
                    究極の防衛的な武器あるいは自由の鍵の開発であると信じます。
                    彼はラビリンスグループだけがこれをするチャンスを持っていることを確信しています。
                    ラビリンスグループが118人の人間とおよそ2百名のコルテウムから成り立つことを思い出してください。
                    このグループの知的な能力は、エイリアンの乗っ取りの前にBSTの開発に集中するという使命と比べれば
                    マンハッタン・プロジェクトが幼稚園のように見えるほどです。
                    多分私の話は見栄で少し誇張しているかもしれません。
                     しかし私はフィフティーンが人類の歴史の中で着手された何よりも重要な計画を先導していることを指摘します。」

サラ:        「それで、もしフィフティーンが計画を継続していて、あなたがそれほどまで言うのならなぜ脱走したのですか?」

ネルダ博士:「ACIO は外科的な効果的に選び取った記憶を削除することができる記憶移植テクノロジーを持っています。
                    例えば、このテクノロジーは前後のいかなる記憶も混乱させないでこのインタビューだけの記憶を削除することがでます。
                    もしそそならあなたは多分少しの空白の時間を感じるでしょう、しかしそれ以上何も思い出すことはないでしょう。
                    私はウィングメーカーを崇拝するような行動をしていたためにこの処分を受ける候補だと直観しました。
                    言い替えれば、私はそれらの文化、哲学と使命の支持者であると思われました。私がそれについて知っていたこと。
                    それは私がプロジェクトを危険にさらす可能性があるとしました。
                    ラビリンスグループは、、メンバーの巨大な知識と明晰な頭脳ために本当の意味で恐れました。
                    これはフィフティーンの計画を遵守し保証するために使ったテクノロジーが起こした偏執的な状態を起こしました。
                    これらの技術の大部分が侵略的でした、そしてラビリンスグループのメンバーはいっそう
                    効果的にこの状態にうまく対処するために快く侵入を受け入れました。
                    数カ月前に私は組織的にこれらの侵略的な技術をシャットダウンし始めました。
                    一部はフィフティーンの反応がどうでるか見るために、そしてこの状態にもう嫌気が差していたというのも理由の一部でした。
                    こうしたことから疑いは深まり、私にMRPを受けさせるように要求することは時間の問題でした。」

サラ:        「MRPとは?」

ネルダ博士:「はい、MRPは記憶再構成処分を表します。
                    私はウィングメーカーのタイムカプセルから学んだことを忘れることを望みません。
                    この情報を断念する気もありません。
                    それは私が信じることの主要な部分と自身の人生を生き抜くことを望むことになりました。」

サラ:        「あなたは脱走するだけで、この話を広めるためにジャーナリストを探すことはなかったんじゃありませんか。
                    こういう意味です。ただ安全な場所に隠れて人生を生き抜き、
                    ラビリンスグループとウィングメーカーの存在を決して公表しなければいいんじゃないですか?」

ネルダ博士:「あなたは理解していませんね。ラビリンスグループはそんなものじゃありません。
                    私がマスコミに何を漏らすかについて、彼らは恐れを持っていません、唯一の関心事は脱走のことです。
                    私が初めての脱走者で、今までに誰も脱走したことがありません。
                    そして彼らの恐れは私の脱走が成功して逃げることができるなら、同じく他の者もそうするかもしれないということです。
                    そしてそれが起きた途端に、任務は危うくなります、BSTは開発されないかもしれません。
                    フィフティーンと局長達はそれらの任務を非常に真剣に受けとめます。
                    彼らは良くも悪くも最初の秩序の狂信者です。
                    いい面は彼らはBSTを開発するためなら難しい仕事に集中しますし、反面、狂信がパラノイアを引き起こします。
                    私があなたのようなジャーナリストを探し求めた理由はこの知識を共有すること、
                    ウィングメーカーのタイムカプセルが人類から離れて閉ざされることを望まないということです。
                    私はその内容は共有されるべきであると思います。
                    それが彼らの目的であったと思います。」

サラ:        「これは妙な質問のように思われるでしょう、しかしもし彼らがこれらを人類と共有することを望んだなら、
                    ウィングメーカーはなぜタイムカプセルを隠して、このような極めて複雑な方法でその内容をコード化するのでしょうか?
                    もし一般の市民あるいは政府の研究所がこのタイムカプセルを発見していたなら、
                    彼らがそれを解読して、光ディスクにアクセスすることが可能だったという可能性はあるんじゃないですか?」

ネルダ博士:「それほど妙な質問ではありませんよ。
                    我々はそのことを自問自答しました。
                    ラビリンスグループが光ディスクを解除するために選ばれた部門であったことは明白でした。
                    すぐにあなたの質問に答えましょう、もしタイムカプセルがもう1つの組織によって発見されたとしても、
                    光ディスクには決してアクセスできない可能性の方が勝っています。
                    どういうわけかタイムカプセルがラビリンスグループの手中になった、この合致は仕組まれたように思われます。
                    フィフティーンでさえその意見は一致しました。

サラ:        「それはフィフティーンはウィングメーカーがラビリンスグループに
                   タイムカプセルの内容の運命を委ねるよう選んでいたと感じたということですか?」

ネルダ博士:「そうです。」

サラ:        「そして次に、フィフティーンがNSAあるいは何か他の行政機関を通して一般にそれを公表する前に、
                    彼がタイムカプセルの中身についてもっと情報を得ることを望んだと想定することは合理的ではないでしょうか?」

ネルダ博士:「いいえ。
                    フィフティーンがACIO以外にエシェントアロープロジェクトについての情報を公表することはないでしょう。
                    もしそれがBST に関係している何かを持っているなら、
                    特にラビリンスグループに帰属すると感じる情報は一つも共有することはありません。」

サラ:        「それであなたがこれらの声明をした今、それはACIOに誰か質問をして、そして答えを探してせん索し始めないでしょうか?」

ネルダ博士:「多分。
                    けれども私は彼らの保全システムについてあまりにも多くを知っています。
                    そして政治的な調査でも見つける方法がありません。
                    そして私が以前を言った組織の秘密のネットワークが影響力を受けたことがありません。
                    彼らは経済のマーケットを操るのを妨げない技術にACIOに恩義を感じています。
                    ACIO とラビリンスグループは前に言ったように手がつけられません。
                    彼らの唯一の関心は脱走、知識人資本の損失なのです。」

サラ:        「あなたの脱走はACIOあるいはラビリンスグループに何の影響を与えるのでしょうか?」

ネルダ博士:「極めて少ししかありません。
                    タイムカプセルに関しての私の分担の大部分は完了しました。
                    私が開発した暗号化技術と関係があるいくつかの他のプロジェクトがあります、これらの衝撃はいっそう重要でしょう。」

サラ:        「ウィングメーカーの話にちょっと戻ります。
                    もし彼らが技術的にそれほど進んでいるなら、なぜタイムカプセルなんでしょう?
                    なぜ彼らはある日突然現われて、共有したいと望む事を表明しないのでしょう?
                    これは隠されているタイムカプセルを探すゲームなんですか?」

ネルダ博士:「彼らの動機ははっきりしません。
                    私は我々の時代へ彼らの文化とテクノロジーをもたらす方法としてこれらのタイムカプセルを後に残したのだと思います。
                    我々はこれらの遺跡が防御的な武器を示すと信じます。非常に精巧な防御的な武器だと。
                    なぜ彼らはただ現われて我々に情報を与えないかについては、彼らの特徴だと思います。
                    彼らは7つのタイムカプセルを作成して、世界のさまざまな地方に置きました。
                    我々の知識と精神に一度もされたことがない方法に引き込むために、
                    これがすべての基本計画の部分あるいは戦略であると信じます。
                    どのように、芸術、文化、科学、精神性、これらすべてのものが接続されているか明示する方法。
                    彼らは我々がこれを発見することを望むと信じます。
                    もし彼らがあなたのリビングルームに現れ、宇宙の中心から来たウィングメーカーであると言ったらなら、
                    あなたは彼らの身体的特徴や個性、世界についてすごく驚くだろうと思います。
                    それはあなたがそれらを信じさえしたと想定しています。
                    彼らが知らせることを望んだことの様相は文化、芸術、テクノロジー、哲学、精神性、
                    これらの項目は彼らの存在の現象で没頭することができました。
                    同じく、我々がすでに翻訳していた文書から、ウィングメーカーがタイムトラベルをしたことは明白でした。
                    彼らは多くの異なった時代の人々と相互に作用して、そして彼ら自身を文化の運人と呼びました。
                    宗教的な文献に彼らの事は頻繁に出てきます。
                   おそらく彼らを天使あるいは神々として間違って認識していたのでしょう。」

サラ:        「それで彼らはタイムカプセルが人類の全体と共有されることを望むと思いますか?」

ネルダ博士:「それはウィングメーカーの事ですか?」

サラ:        「ええ。」

ネルダ博士:「確信はありませんが、彼らは共有されるべきであると思っているでしょう。
                    私は大衆に向かって個人としてこの情報を手に入れたことから得るべき何も持っていません。
                   私はそのために訓練されたすべてに対してリスクを背負って、
                   少なくとも私のライフスタイルを修復不能なまでに混乱させます。
                   私にとって、エシェントアローのタイムカプセルは人類の歴史で一つの最も素晴らしい発見です。
                   この大きな発見は共有されるべきです。
                   それらは自己本位にACIOあるいは他のいかなる部門によっても安全に保たれて、維持されるべきではありません。」

サラ:        「それならなぜこれらの発見とETと一緒の状況全体は一般から隠されるのですか?」

ネルダ博士:「この情報へのアクセスを持っている人々は独特な特権を与えられているという感覚を好みます。
                   それは秘密の組織の心理とそれらが繁栄する理由です。
                   秘密の情報はエリートのアンブローサ【ギリシア・ローマ神話の神の食物】なのです。
                   それは彼らに権力意識を与えます、そして人間のエゴは力のかいば桶から食べることを好みます。
                   彼らは決してこのことを認めないでしょう。
                   しかしETとのコンタクトや他の神秘的なものあるいは超自然現象は
                   せんさく好きな性質である誰にでも非常に説得的で、そして重大関心事です。
                   あなたが見るように、サラ、秘密のドラマは非常に中毒性です。
                   今もちろん、これを共有から遠ざけるために、彼らがあなたに話す文句は国家機密の目的、
                   経済的安定と社会秩序のためというでしょう。
                   そして私はある程度それに真理があると考えます。
                   しかしそれが本当の理由ではありません。」

サラ:        「大統領はETの事態について知っているのでしょうか?」

ネルダ博士:「知っています。」

サラ:        「どんなことを知っているのでしょうか?」

ネルダ博士:「グレーのことを知っています。
我々の太陽系の惑星で生きていくETについて知っています。
火星人について知っています。」

サラ:        「これは驚きました、あなたは私にリトルグリーンマンが本当に火星に存在すると言うのですか?」

ネルダ博士:「もし私があなたにETについて何を知っていると言うなら、
                   あなたの目が私の信頼性を失うであろうことを恐れています。
                   私を信じてください、
                   ETの存在は私が今晩報告するための時間を持っているよりずっと複雑な次元です、
                   もし私があなたに浅薄な表現を与えたなら、あなたは信じることができないと思います。
                   それであなたに部分的な真理を言葉を選んで慎重に話すつもりです。
                   火星人は我々と同じ遺伝子から作られるヒューマノイド系の種族です。
                   彼らは火星の地下基地に住んでいます、そして彼らの数は少ないのです。
                   いくらかはすでに地球に移住しました、
                   そして若干の表面の調整で彼らの身体の外観は公衆の面前で人として過ごすことができました。
                   クリントン大統領はこれらの問題を知っていて、ETとコミュニケートする代わりの方法を考えました。
                   今までに、ある形式のテレパシーが主要な通信手段として使用されましたが、
                   これは信頼できる形のコミュニケーションではありませんでした。特に軍人の考えでは。
                   かつてあらゆる地球上の電波望遠鏡がETとコミュニケートするために使われました。
                   これは入り混ざった結果を持っています、しかし成功はありました、そして大統領はこれらを知っています。」

サラ:        「それでクリントンはあなたが以前に言及した秘密のネットワークに関係していますか?」

ネルダ博士:「承知の上ではありませんが。
                   けれども彼は明らかに重要な影響力を持つ者であって、
                   ネットワークの高いレベルのスパイによって注意を払って取り扱われます。」

サラ:        「それでは大統領が操られていると言っています。」

ネルダ博士:「それはあなたの定義に依存します。
                   彼が望むどんな判断でもすることができます、究極的には国家機密、
                   経済的安定と社会秩序と比較してすべての決定をするか、
                   影響を与える力を持っています。
                   けれども彼は一般に彼のアドバイザーからの意見を求めます。
                   そしてこの秘密のネットワークからのレベルが高いスパイが彼のアドバイザーにアドバイスします。
                   ネットワークとそのスパイは、たまにそれがガラス張りのメディアにあるため政治的権力にあまりにも近くなります、
                   そして彼らはメディアの精査と一般的な大衆を軽蔑します。
                   従ってクリントンは操られませんがアドバイスはされます。
                   彼が受け取る情報は彼の判断をネットワークが最も有益であると感じる方向で
                   そのメンバーのすべてに向けるために時々改ざんされます。
                   情報が改ざんされる限りにおいて、大統領が操られていると言うことができると思います。
                   彼は事実確認を行なって、そして十分な代案を下す時間を極めて少ししか持っていません。
                   それほどアドバイザーが重要で影響力を持っている理由です。」

サラ:        「オーケー、それなら少なくとも私の定義では彼は操られています。
                   これは例えば日本やイギリスのような他の政府でも同じ事が起きているのでしょうか?」

ネルダ博士:「ええ。
                   このネットワークは国家単位あるいは世界規模です。
                   その影響力は非常に広く両方向の通り路なのです。
                   私が前に言ったようにラビリンスグループは本当に独立している唯一の計画で活動します。
                   そしてその目標のために、この独立を許されます。
                   正直なところ、ウィングメーカー以外は誰もそれを妨げることができるものはないのです。」

サラ:        「世界中の政府は組織のこの秘密のネットワークによって操られています。
                   あなたはそれらのいくつかの事を言いました。
                   これらの組織は誰ですか?残りは誰ですか?暴力団は関係していますか?」

ネルダ博士:「私はそれらの大部分に名前をつけることができました。
                   しかし何の終わりに?
                   大部分あなたが識別あるいは参考にならないでしょう。
                   それらはラビリンスグループのようです。
                   あなたは今までにそれについて耳にしたことがありましたか?
                   もちろんありませんよね。
                   現在のNSAさえACIO を知りません。
                   かつて、それらはそうでしたが35年前に終わりました。
                   そして人々は組織から循環します、
                   しかしそれでも秘密のそして特権を与えられた情報ネットワークに彼らの提携を維持します。
                   そして絶対的にこのネットワークに暴力団あるいは組織犯罪の影響力がありません。
                   ネットワークはいくつかの場合には組織犯罪を盾として使用します、
                   しかし組織犯罪が内密ではなく脅迫を通して活動します。
                   そのリーダーは普通の知性のため時代遅れで、そのために戦略上でないシステムを情報と結び付けます。
                   組織犯罪ネットワークは私が言ったネットワークほど洗練されていないのです。」

サラ:        「オーケー、ウィングメーカーの話にちょっと戻ります。今晩の私の散漫な質問に対して謝ります。
                   エシェントアロープロジェクトの主題に私は留まることが非常に難しいく、
                   知りたいと思うことがそれほど多くがあるのです。」

ネルダ博士:「謝る必要はありませんよ。
                   私はこの話がどのようにあなたに聞こえるのかわかります。
                   私はまだ眠くはありません、時間のことは気にせずに続けましょう。」

サラ:        「オーケー。
                   あなたが以前に話したETの事についてあなたの印象あるいは考えについて少し話をしましょう。
                   私にとってこれは最も魅力的な部分です。」

ネルダ博士:「まず第一に、我々の世界の政府と相互に作用するETが
                   ラビリンスグループと相互に作用する同じものではないと断っておきます。」

サラ:        「けれどもあなたはグレーがACIOあるいはその派閥の少なくとも一つに関係したと言ったと思いました。」

ネルダ博士:「ええ、彼らは同じくゼータとして知られています。
                   しかし私が言ったACIOと仕事をしていないグレーの多くはアルファと呼ばれる異なった派閥です。
                   そしてアルファは我々の政府に関して疑問を抱いているため一緒に活動しません。
                   そして率直に言って、彼らが時間を保証しさえするのに十分知的であると見ません。」

サラ:        「コルテウムはどうですか?」

ネルダ博士:「コルテウムは、テクノロジー、科学、文化を統合し、非常に全体論的な方法で非常に洗練された文化です。
                   異なった理由で、彼らは連合としての役割が主な理由で、同様に我々の政府と関係を持ちまません。」

サラ:        「連合とはなんですか?あなたが前にそれについて話をするのを聞きませんでした。」

ネルダ博士:「それぞれの銀河が連合あるいは銀河中の知覚力を持つ生命体を含むあらゆる惑星ですべての組織を持っています。
                   それは銀河の国際連合に相当します。この連合は共にメンバーと観察のメンバーを誘いました。
                   誘われたメンバーはそれらの種です。
                   彼らはそれの惑星の世話役としての立場で管理しました。
                   世界的な構成要素として彼らにコミュニケートすることができるようにする共通のテクノロジー、
                   哲学と文化を結びついた統一された計画を持っています。
                   断片的な観察のメンバーが種です。
                   そして彼らが統一された世界政府を組織するのを阻止するたくさんのこと
                   土地、力、金、文化とまだお互いと戦っています。
                   地球上の人類はこのような種です。そしてそれはただ連合によって観察されます。
                   しかしその政策立案のそして経済システムの中に誘われません。」

サラ:        「あなたは我々の銀河に政府の形式と経済システムを持っていると言っているのです?」

ネルダ博士:「そうです。けれどもこのことについて話すとすると、
                   あなたは本当にウィングメーカーから脱線するでしょう。」

サラ:        「たびたび脱線することを申し訳なく思っています。
                   けれどもこれは無視するにはあまりにも驚くべきことです。
                   もし協力的な知的な種の連合があるなら、
                   彼らはなぜ西暦2011年にこれらの敵対的なエイリアンを処理するか、
                   あるいは少なくとも我々に手を貸すことができなのでしょうか?」

ネルダ博士:「連合はどんな種類の種族の邪魔はしません。
                   軍事力で支配しているわけではなく、本当に容易に強制することができます。
                   すなわち、彼らは観察して、そして提案を援助するでしょう、
                   しかし彼らは我々のための介入しないでしょう。」

サラ:        「スタートレックのプライム指令のようにですか?」

ネルダ博士:「いいえ。
                   それは親が子供たちをもっと偉大な貢献者になることができるように、
                   どのように自身で解決すべき分かることを望むかのようです。」

サラ:        「けれども地球の敵対的乗っ取りが連合を引き起こさないでしょうか?」

ネルダ博士:「それは最もです。けれども連合はその遺伝子と種の生存を永続させることに対する責任を持ちません。
                   いいですか、原子レベルにおいて我々の物理的な体は文字通りに星から作られています。
                   原子以下のレベルにおいては、我々の精神は銀河系の精神の非物理的な倉庫です。
                   原子以下の下位のレベルにおいて、我々の精神は神あるいは宇宙に広がる精神の非物理的な倉庫です。
                   精神は星、銀河系、神のものであるから、連合は人類がそれ自身を守ることができると信じます。
                   もし我々が失敗しアニムスが我々の銀河の他の部分に広がったなら、連合は心に留めるでしょう、
                   そしてそのメンバーは彼らの独立国を守るでしょう、これは何度も起きたことがあります。
                   そして防衛の過程で新しい技術が起こります、新しい友情が作り出されます、
                   そして新しい信頼性が銀河系の精神に埋め込まれます。
                   それが連合の機能なのです。」

サラ:        「BSTは連合の中のどこかに存在していませんか?」

ネルダ博士:「多分我々の銀河系の中心に近い惑星にあるでしょう。」

サラ:        「それならなぜ連合が助けてくれないのですか?
                   彼らは助けることができるとそう言いませんでしたか?」

ネルダ博士:「はい、彼らは助けることができます。
                   そしてコルテウムはIMです、
                   あるいは誘われたメンバーと彼らは我々に手を貸しています。
                   けれども彼ら自身はBSTテクノロジーを所有していません。
                   これは防衛的な武器としてだけ使用するつもりである種に
                   獲得されるのを許される非常に特別なテクノロジーです。
                   そしてここに挑戦があります。」

サラ:        「誰が「許可する」のですか?
                   あなたは連合が種がいつBSTを獲得する準備ができているか決めると言っているのですか?」

ネルダ博士:「いいえ、それはが神に関係すると思います。」

サラ:        「なぜかわかりませんが、私はあなたが神を信じると言うのを信じるほうが苦労します。」

ネルダ博士:「まあ、私は信じます。
                   そしてラビリンスグループの中の皆もフィフティーンを含めて信じていますよ。
                   我々はその存在に異議を唱えることができないという
                   神あるいはより高等な知能のあまりにも多くの証拠を見ました。
                   我々が何に基づいて研究室で観察したかを否定することはあり得ないでしょう。」

サラ:        「それで神は我々がいつ責任を持ってBSTを使う準備ができているか決める。
                   2011年より前に決定すると思いますか?」(私はこの質問に皮肉をこめたことを認めます。)

ネルダ博士:「サラ、いいですか、ラビリンスグループは全部の種の用意が決定しているファクターではありません、
                   しかし、それをすべての認められていてない力から守ることが可能である限り、
                   種の中のサブグループがテクノロジーを獲得することを可能にされるかもしれないことを期待しています。
                   このサブグループはラビリンスグループだと思われます。
                   理由の1つはなぜフィフティーンがセキュリティシステムにACIOの資金を投資したかです。」

サラ:        「けれどもあなたは本当に私の質問に答えませんでした。
                   あなたはそれがあと12年で開発されると思いますか?」

ネルダ博士:「分かりません。
                   確かにそうは願いたいです。しかしBSTが我々の唯一の防衛方法ではありません。
                   ラビリンスグループは多くの防御的な武器を考案しました。
                   私があなたにどちらを記述するかについてのすべがありません。
                   アニムスは、およそ3億年前に前に地球を訪問しました。
                   しかし彼らは地球を植民地化させるために時間を投資することや
                   地球での資源を見つけることができませんでした。
                   彼らの探索機があと13年で戻って来るとき、彼らの考えは変わるでしょう。
                   我々の分析では彼らは政府と友好を結んで国際連合を同盟国として利用するであろうということです。
                   彼らは国際連合を通して統一された世界政府を計画し始めるでしょう。
                   そして最初の選挙が2018年に行われるとき、彼らは国際連合を世界政府として支配するでしょう。
                   これは詐欺やぺてんと言われるでしょう。
                   それらの特定された日付については3つの異なったRVセッションからとられました。
                   我々の分析に言及します。それで我々はBSTを作り出して実装するために19年相当にかかっています。
                   理想的には、ええ、この種族それが我々の銀河の中に入ったとき、
                   介入点を接続するためにそれが完了されるようにしたいです。
                   彼らを異なった銀河へ選択させるか、まったく彼らの探求を断念させたいです。
                   けれどもこの介入点を決定することはあり得ないかもしれません。
                   いいですか、ラビリンスグループによって開発された記憶移植テクノロジーは
                   BSTと関連して利用することができます。
                   我々の銀河が植民地化するべき標的として選ばれたとき、
                   我々は介入点を定義して、その時間と場所を入力して、
                   そして彼らのリーダーに我々の銀河から彼らをそらすという新しい記憶を植えつけることができます。」

サラ:        「私は疲れているのか、混乱しているのか、どちらかが真です。
                   あなたはこれをつぼみのうちに摘み取るように、
                   エイリアンのこの略奪するグループが我々の銀河に入ることを阻止するために
                   ラビリンスグループがすでに筋書きを持っていると言うのですか?
                   彼らがどこにいるのか知っていまるのですか?」

ネルダ博士:「あなたの質問に答えるために、
                   私はもっとずっと細かくタイムトラベルとBSTの正確な違いを説明する必要があるでしょう。
                   あなたは時間と宇宙の先入観を手放す必要があります。
                   いいですか、時間は長さではありません。それが予定表で示されるとしても。
                   時間はあらゆるものの瞬間が上に縦積み重ねられて存在している状態です。
                   言い替えれば、時間は通常永遠として述べられる非時間以内に
                   同時に存在するすべての経験のすべての瞬間の共同体です。
                   縦の時間が人が経験の一瞬を選んで、
                   そして時間と空間を彼らの選択を本当にする入り口として使用することができると推論します。
                   選択肢が作られた途端に、時間と空間が縦の時間を水平線時間
                   あるいは従来の時間に変える連続性要因になります。」

サラ:        「話が見えなくなりました。縦の時間と水平な時間とはどのように異なっていますか?」

ネルダ博士:「時間がすべての時間と水平線時間の同時の経験に関係しているように、
                   垂直が長さの刻々の経験で時間の連続性と関係があります。」

サラ:        「それであなたは私がいつか持っていたことがあるか、
                   あらゆる経験が今も存在すると言っているのですか?
                   過去と未来がそれを見るように洗脳されて実際に同じく、
                   現在のもの、しかし私が公正であるということであること。」

ネルダ博士:「私が前に言った、これが複雑な主題なのです。
                   そして私がもし今あなたにそれを説明して時間を過ごすなら、
                   我々がいっそう重要な情報、BSTの記録を失うであろうことを恐れているように。
                   多分もし私がBSTの性質を説明するなら、あなたの質問の大部分を途中で答えられるでしょう。」

サラ:        「オーケー、それから私にブランクスレートテクノロジーが何であるか教えてください?という条件で。
                   出来事を抹消して、歴史の道のりを変えると私は想定しています。正しいですか?。」

ネルダ博士:「このようにそれを説明させてください。タイムトラベルは本質的には観察です。
                   この点に関しては、ACIOや他の組織、個人レベルでさえタイムトラベルの能力を持っています。
                   けれどもこの形式のタイムトラベルは受動的です。それはBSTと同等でありません。
                   正確に未来を変えるためには正確な介入点が任務に関係があることを見いだすまで、
                   本のようにそれをページをめくって、垂直の時間と相互に作用することができなければなりません。
                   垂直と相互に作用するために、時間が水平線時間の成り行きを変えるであろうことを意味するから、
                   これはそれがそれほど複雑になるところです。
                   そして変化と彼らの機会と含意を理解することは非常に複雑なモデリングを必要とします。
                   これがラビリンスグループがコルテウムと提携した理由です。
                   その計算技術は我々のスーパーコンピュータよりおよそ4千倍もパワフルな処理能力を持っています。
                   これは我々に有機的な、大いに複雑なシナリオモデルを作成することができるようにします。
                   我々が適切なデータと最もありそうな結果がもし我々が特定のシナリオを呼び出すなら
                   そうであるものを集めた途端に、 これらのモデルは我々に最もありそうな介入点を示します。
                   たいていの複雑な技術のように、BSTは5つの別々の、
                   そして相関関係を持っている技術を持つ複合したテクノロジーです。
                   最初のテクノロジーは専門的な形のリモートビューイングです。
                   これは訓練された要員に精神的に垂直の時間に入っていって、
                   そして出来事を観察し照会モードと関係がある会話を聞くことができるようにするテクノロジーです。
                   要員は彼らがトラベルしている時間内のすべての人々に見えません、それでそれは完全に安全で目立ちません。
                   このテクノロジーから得られた知識は他の4つの技術のアプリケーションを決定するために使われます。
                   これは諜報活動の同等物です。
                   BSTへの鍵の2番目のテクノロジーは記憶移植の同等物です。
                   私が言及したように、ACIOはこのテクノロジーを記憶再構成処分あるいはMRPとして述べます。
                   MRPは水平な時間数列で記憶が正確に削除されることを可能にするテクノロジーと
                   その場所に挿入された新しい記憶です。
                   新しい記憶は受信者の既存の記憶構成に溶け込みます。
                   いいですか、出来事は小さくて、そして大きくて順番に、
                   現実性の中に展開をリードする原因となるエネルギーセンターと考えの物質化に
                   持続的な記憶になる一つの考えから起こります...水平線時間に入って。
                   MRPは最初の考えを削除して、そしてそれによって出来事を起こらせる持続的な記憶を削除することができます。
                   3番目のテクノロジーは介入点を定義することから成ります。
                   あらゆる主要な判断で、その開発段階を通して考えが展開して、
                   そして動かすとき水平線時間で介入点について、もし何千もでないなら、何百もがあります。
                   しかし、縦の時間で、たった1つの介入点あるいは我々が時々原因となるシードと呼んだものがあります。
                   言い替えれば、もしあなたが縦の時間情報にアクセスすることができるなら、
                   あなたは原因となるシードである介入点を識別することができます。
                   このテクノロジーは最もありそうな介入点を識別して、そしてそれらの優先権を並べます。
                   それは残っている技術の焦点を可能にします。
                   4番目のテクノロジーは第3と関係があります。
                   それはシナリオモデリングテクノロジーです。
                   このテクノロジーは受信者にそれらの最も侵略的でない波紋効果について
                   数々の介入点と判断するのを手伝います。
                   言い替えれば、どの介入点が最少の破裂で無関係な出来事に、
                   もしシナリオモデルに適用されるなら、望ましい結果を引き起こしますか?
                   それなしで、BSTが社会あるいは全部の種に重要な破裂を起こすことができたら、
                   シナリオモデリングテクノロジーはBSTの鍵要素です。
                   5番目と最も難しいテクノロジーは対話型のタイムトラベルテクノロジーです。
                   ラビリンスグループは対話型のタイムトラベルテクノロジーが
                   使用可能になるのを待っている準備状態で最初の4つの技術を持っています。
                   このテクノロジーは要員、あるいはスパイのチームに物理的に垂直の時間に入っていって、
                   そして正確な場所と最適な介入点が決定された時間に挿入されることが可能であるように要求します。
                   そこからスパイは成功したMRPを行なって、
                   任務成功を実証するためにそれらのオリジナルの時間に戻らなくてはなりません。」

サラ:        「私は今までこの説明を聞いていました、そして私はいくらかは理解したと思います、
                   しかしネルダ博士、それは私にそれほど超現実的に聞こえます。
                   私はちょうど今感じている私がどのように説明するのに途方にくれているところです。
                   これはまったくそれほど妙です。
                   それはそれほど大きくて、巨大です。
                   私が生活する同じ惑星でこれがどこかに続いていると信じることができません。
                   このインタビューの前に、私は小切手帳を決算することを心配していました、
                   そして私の自動車がいつか修理されるであろうとき、これはただあまりにも妙です。」

ネルダ博士:「多分我々はもう1度休憩をとって、そして我々のコーヒーを暖めるべきです。」

サラ:         コーヒーブレイクのために録音中止。

(およそ15分間の中断。そしてインタビューの再開)

サラ:        「もしラビリンスグループが5つのうち4つの技術の準備ができてい て、
                   対話型の部分を待っているなら、 アニムスに対しての計画のシナリオモデルと
                   すでに確立された介入点を持っていないとなりません。どうなんでしょうか?」

ネルダ博士:「それはレベル14の所員とフィフティーンだけが知る機密情報ですから、この点は少ししか知りません。
                   私のレベルは13ですからシナリオモデリングに関して表面上の報告かもしかすると誤った情報かもしれません。
                   確実だと言えることは我々は予言とリモートビューイングテクノロジーの両方から
                   多大な量のアニムスについての情報を知っています。
                   例えば、アニムスはハッブル望遠鏡が可能な限り徹底的に調べた銀河の出身であり、
                   可能な限り広範囲にそれを図示したということを知っています。
                   3千7百万光年も離れていて、アニムスは合成の種族で遺伝子テクノロジーの混合体であることを知っています。
                   それはミツバチの巣箱的な考え方を気にさせます、しかし個別の主導権は、
                   そのリーダーの明確な目的と同列にそろえられる限り、まだありがたいです。
                   それが合成体の種族であることから制御された環境で作り出されることができます、
                   そしてその個体数はリーダーの考えによって増減させることができます。
                   それはそうです −」

サラ:        「3千7百万光年離れている銀河からだと言いませんでしたか?
                   彼らが光速で旅行することが可能だと想定しても地球に来るためには3千7百万年かかるでしょう。
                   それにあなたは前にアニムスはまだ我々の銀河の中にさえ来ていないと言いました、そうではありませんか?」

ネルダ博士:「コルテウムは1千5百万光年離れている惑星から来ています。そして今もコルテウムは来ています。
                   それは25万マイル離れている月に行くぐらいの時間でコルテウムの惑星と地球間を行くことができます。
                   時間は長さではありません、空間も同様です。
                   あなた方の物理学者が最近発見したように、空間は曲げることができます。
                   しかしそれは空間を折りたたむ変位エネルギー界と距離の錯覚を通して人工的に曲げることができます。
                   軽い質点が空間を追い出すか、あるいはつぶしません、彼らは空間を通して線のラインに乗ります、
                   しかし空間を変更されるか、あるいはつぶすことができる電磁エネルギーの形式があります。
                   そしてこのテクノロジーは宇宙旅行を銀河間にさえ可能であるだけではなく比較的容易にします。」

サラ:        「あなたはなぜ「あなた方の物理学者」と言ったのですか?」

ネルダ博士:「すみません。それは世間から隔離されていたことによる癖のようなものです。
                   ラビリンスグループのような秘密組織で30年もの間活動していると、
                   あなた方側の人間と我々側の人間とを区別して見る傾向にあります。
                   ラビリンスグループが受け入れた科学の原理は
                   我々の大学ではあなた方の教えられたものと非常に異なっています。
                   私は疲れてきているのでしょう。」

サラ:        「あなたを批判するつもりではありませんでした。
                   ただあなたの言い方が外国人や部外者が言うように聞こえたもので。」

ネルダ博士:「私は部外者の部類に入るでしょう、でも外国人ではありません。」

サラ:        「オーケー、この予言あるいはエイリアンの話に戻って、彼らは何を欲しますか?
                   なぜこのような離れた地球への長距離を移動してくるのでしょうか?」

ネルダ博士:「これは面白い疑問に思われます。笑うことを許してください。
                   地求人は地球がどれぐらい特別であるか理解しないのです。
                   本当に特別な惑星でこのようにものすごい生命の多様性と複雑な生態系を持っています。
                   その天然の資源はすばらしく豊富です。
                   銀河系の動物園と同じで遺伝子の図書館なのです。
                   アニムスはその遺伝子を所有するためにこの惑星を所有したいのです。
                   私がすでに言ったように、アニムスは合成体の種族です。
                   その植民地建設プログラムの目的を満たすために自身をクローンして、
                   その個体数をますます多く造りあげることができる種。
                   しかし、それはその帝国の拡大よりいっそう多くを切望します。
                   純粋な生物学の生体のために保留したソウルキャリアになることを望みます。
                   合成体の生体は精神のより高い周波数を伴うことができません、
                   それは絶対的に有機体の神経系を必要とします。」

サラ:        「それで彼らは精神を欲しがるのですか?」

ネルダ博士:「彼らは宇宙全体に広がり、遺伝リエンジニアリングを通して
                   それらの有機体の特性を身につけることを望みます。
                   彼らは不滅を達成するためにソウルキャリアになることを望みます。
                   彼らはすべての他の純粋な有機肥料より優れているとは、
                   すでに何を信じるか証明することを望みます。」

サラ:        「それで今、彼らはどこにいますか?」

ネルダ博士:「アニムスですか?。」

サラ:        「ええ。」

ネルダ博士:「私は彼らのホームワールドにいると思います。
                   我々の知る限りでは彼らの調査団はまだ我々の銀河の中に来ていません。」

サラ:        「そして彼らが到着するのは、ACIOやラビリンスグループはどのように知るのでしょうか?」

ネルダ博士:「私が言ったように、ACIOはすでに多大な量の諜報活動をして、そしてシナリオと介入点を選びさえしました。」

サラ:        「それで計画は何ですか?」

ネルダ博士:「何気ない思考が銀河を探検するために生まれたとき、最も論理的なアプローチは時間と位置を旅行して、
                   MRPを通して種族の記憶からそれを削除することにあるでしょう。
                   彼らに素晴らしい生命によって居住された銀河のことを、程度が低い選択であることを確信させます。
                   ラビリンスグループは我々の銀河が彼らの重大な検証に値しなかったという記憶を移植するでしょう。」

サラ:        「他の銀河が彼らの次の目標になりませんか?
                   我々は彼らの次の征服地の責任を負わないのでしょうか?
                   それらの加害者になりませんか?」

ネルダ博士:「いい質問です、しかし私はどのようにそれに答えるべきか分かりません。」

サラ:        「このMRPテクノロジーを使って彼らの特性である新しい世界を植民地化しようとするのを
                   やめるように攻撃的ではない記憶を移植することができないので すか?」

ネルダ博士:「多分我々はそうするでしょう。
                   私は本当にフィフティーンが心に何を思っているのか知りません。
                   私はそう思いますが、彼の方法とその有効性も確実であるといえます。」

サラ:        「けれどもあなたは前に自分の命を心配しました。我々が話をするときさえ、
                   フィフティーンはあなたを追い詰めて捕まえようとしていると言いました。
                   なぜそうなのか、あなたはの彼の道徳感で自信がありますか?」

ネルダ博士:「フィフティーンのケースでは、道徳が本当に役割を果たしません。
                   彼は彼自身の道徳律で活動します、そして私はそれらすべてを理解しているふりはしません。
                   けれども私はこのエイリアンの種族による乗っ取りを避ける彼の使命を非常に確信しています。
                   同様に彼がアニムスに最少の影響で最も良い介入点を選択するであろうことを確信しています。
                   それは彼がBSTを獲得することができる唯一の方法です。
                   そして彼はこのことを知っています。」

サラ:        「再び神の話に戻っていますね?」

ネルダ博士:「はい。」

サラ:        「それで神とフィフティーンはすべて理解していますか?」

ネルダ博士:「もしそれがあなたが意味することであるならそこに確信はありません。
                   そしてフィフティーンと神の間に連合が、最少でそうではないことを知っています。
                   これはラビリンスグループが、BSTを開発する方針に沿って正式のものにした信念システムの一部です。
                   それがすべての生命、すべての時間、すべての宇宙、すべてのエネルギーを浸透する普遍的な知性フィールド、
                   そしてすべての存在として活動するから、神が全権を有していて、
                   そしてすべて物知りであることは我々に論理的です。
                   この意識は公平です、しかし確かにそれはことを否定するか、
                   あるいは、多分いっそう正確に、それらの捕捉を延期する立場にあります。」

サラ:        「もしあなたが言うように、神があらゆるところに存在するなら、
                   なぜこの略奪するエイリアンの種族を止めて、彼をそれらの場所に留めておかないでしょうか?」

ネルダ博士:「再び私が答えることができない質問です。
                   しかし前に言ったように、あなたに私が信じる神が公平であると言うことができるだけです。
                   それがその創造物が、彼らが望むように、彼ら自身を表現することを可能にすることを意味します。
                   神が活動する最も高いレベルにおいて、すべてのものは目的を持っています。
                   他の種と惑星を独占することを望む攻撃的な種さえ。
                   神は何も計画しなかったが、宇宙の知性ですべてを理解したことはフィフティーンの信念でした。
                   私が前に銀河系の知性について話をしていたか思い出してください。」

サラ:        「はい。」

ネルダ博士:「惑星の知性、太陽の知性、銀河系の知性と単数形の宇宙の知性があります。
                   宇宙の知性は神の知性です。
                   それぞれの銀河が共通の意識あるいはその銀河の中で現在のすべての集合体である知性フィールドを持っています。
                   宇宙の知性はその銀河系の知性あるいは複合した自覚と関係がある銀河のそれぞれのために最初の青写真を作ります。
                   この最初の青写真は銀河の中でシードされた遺伝情報の傾向を作ります。
                   我々ラビリンスグループは傾向あるいは行動の異なった集合で神がそれぞれの銀河の遺伝情報を設計したと思いました。」

サラ:        「なぜなのでしょうか?」

ネルダ博士:「それで多様性が順番に神が生命の最も広い連続を経験するのを妨げない宇宙の向こう側に拡大されます。」

サラ:        「それがなぜそれほど重要なんですか?」

ネルダ博士:「なぜなら神は実験していてその次元のすべてにおける生命と理解する新しい方法を考案することが好まなから。
                   これは宇宙の意図である可能性が非常に高いです。」

サラ:        「あなたは牧師のように話をしていることをわかりますか?
                   これらがただ自明な確信あるいは真理であるようにあなたは話をします。
                   しかし彼らはただ信念が彼らではないということです。」

ネルダ博士:「ええ、彼らは信念です、しかし信念は重要ですあなたはそう思いませんか?」

サラ:        「私は確かではありません。私の信念は毎日変化していると思います。
                   それらは基礎あるいは何かのように一定の深い真理で安定しているか留まっているかもしれません。」

ネルダ博士:「まあ、それは良いです。私はそれらが変わることを意味します。
                   ラビリンスグループは信念の非常に特定の集合を発展させました。
                   これらの若干がコルテウム知能高度化技術の結果として我々の経験に基づいていました。
                   いくつか調べられた太古の文献から基礎を見つけました、そしていくつかはETとの接触から借用されました。」

サラ:        「今あなたは私に我々の友好的なETが熱狂的な宗教者であると言おうとしています。」

ネルダ博士:「いやいや、彼らが我々をそれらの信念に改宗させようとしていたことを意味しません。
                   我々はただ尋ねました。そして彼らは我々にそれらのことを話しました。
                   それらを聞くや否や、それらは実際に宗教よりかなりもっと科学のように思われました。
                   私はそれがいっそう進化した種の性質であると思います。
                   それらは最終的にその科学を理解します。そして宗教が宇宙論の中に一点に集まります。
                   同じく我々が住んでいる宇宙を理解することは我々に我々自身を理解させること
                   どちらが宗教と科学の目的かあるいは少なくともそうであるべきです。」

サラ:        「オーケー、これは私の好みの哲学的な話になっています。
                   我々はウィングメーカーについての問題に戻ることができますか?
                   もし、あなたが言うように、銀河をどのようにか支配する銀河系の連合があるなら、
                   この連合の中にウィングメーカー要因をしてください。」

ネルダ博士:「私はあなたの質問の内容に感銘を受けます。
                   そして私はそれらのすべてに答えることができたならいいのにと思いますが、再び私は答えを知りません。」

サラ:        「けれどももしあなたが完全に異なった銀河でこのエイリアンの種族を盗み聞きする
                   リモートビューイングを使うことができるなら、 なぜ連合を観察しないのですか?」

ネルダ博士:「連合については、彼らは完全に我々のリモートビューイング能力を知っています。
                   そして実際もし我々がリモートビューイングを通して観察するなら、
                   我々の存在を検出することが可能であるから、我々は連合を盗聴することができません。
                   それで、彼らのプライバシーへのそしてそれらの計画を信用する敬意で、
                   我々は1・2回しか連合にテクノロジーを課しませんでした。」

サラ:        「あなたは私にネルダ博士を許さなければならないでしょう、
                   しかし私はこのすべてが信じることが少し難しいと思います。
                   我々はこのインタビューを通しておよそ百の異なった主題の表面をかすめて過ぎました。
                   そして私は同じ基本的な問題になぜに戻り続けるのでしょうか?
                   宇宙がなぜそうであるのかこのように思いしました。
                   地球の上の誰もそれについて知らないのか?なぜすべて秘密なのか?
                   我々人間が非常に愚かであるので、我々はそれを理解することができなかった?
                   そして一体これほどの目的は何なのか?」

ネルダ博士:「残念なことに無用さの点はそこに一般の手中になる可能性はなく、
                   共有からこの肝要な情報を守る多くの陰謀があります。
                   私はあなたの欲求不満を理解することができます。
                   私はただあなたにこれらのことについて知っている人々がいると言うことができるだけです、
                   しかしただフィフティーンだけが我々が今晩簡単に触れたことより大きな現実性について知っています。
                   言い替えればこれはあなたのポイントです、サラ。
                   軍、政府、秘密のネットワーク、NSA、全体の一部を知っているCIAなどの中に若干の人々がいます、
                   しかし彼らは全体を理解しません。
                   彼らはメディアの前に立って、そして何が起きているか説明する知識で身につけさせられません。
                   彼らがそれらがただ起こっていることの一部を知るだけであるという事実によって
                   弱々しいように見えさせられるであろうことを恐れます。
                   それぞれが異なった何かであると思います。
                   彼は人類の救済者、次の救世主として見られることを望まないから、
                   フィフティーンはメディアと一般大衆に彼の知識を公表するのを差し控えます。
                   そして彼は特に精神異常者と誤解され閉じ込められる、あるいはもっと悪く暗殺される事を望みません。
                   彼が知っていることで前に上げた瞬間、彼はプライバシーとBSTを見つける彼の能力を失うでしょう。
                   そしてこれは、彼は決してしないでしょう。
                   このより大きい現実について知っているたいていの人々が嘲笑されることについての恐れのために
                   一般精査の中に踏み出すことを恐れています。
                   一般大衆はそれが理解しないものによって怖がらせられます。そして彼らはメッセンジャーを殺します。」.

サラ:        「けれども我々はなぜ現実のこの情勢について、ETと連合について部分的な真実さえ受けとることができないのですか?
                   誰か、メディアあるいは政府あるいはほかの誰かがこの情報を我々に隠しています。
                   作り話のようにあなたは火星人について私に話していました。
                   もしこれが本当で、そしてクリントンがこれについて知っているなら、我々はなぜ告げられていないのでしょうか?」

ネルダ博士:「それが何かを言うであろう私の皮肉な部分がいます − あなたはなぜ毎日の6時間のテレビを見ますか?
                   なぜ他のものの意見であなたの考えに供給しますか?
                   なぜ政治家を信頼しますか?
                   なぜ政府を信頼しますか?
                   なぜ生態系とこの破壊を行なう会社と政府の破壊を支援しますか?
                   いいですか、人類の全体がこれらのことが起こることを可能にするから、目の上に引っ張られます、
                   そして情報の量を制限して、あなたの注意を天気とハリウッドのような世俗的な問題に向けることは容易です。」

サラ:        「それはあなたが言うのに良いです。IQを計ることができないほどに人間には。
                   平均的な知能を持っている普通の人たちのために、この情報へこのより大きい現実性のアクセスを与える為に何をするれば?」

ネルダ博士:「私は知りません。正直に知りません。私は答えを持つふりはしません。
                   けれども人は政府とメディアにいっそう要求する必要があります。
                   なぜなら、どのように情報をもみ消したかを知らないけれども、メディアはこの操作の大きい部分ですから。
                   ことの真相は1つの実在が悪くないということです。
                   人類の夜明けからエリートは常に存在しました。
                   もっと多くの侵略と力を持って、そして種のより弱いものを支配するであろう人たちが常にいました。
                   これはあらゆる社会のセクター、宗教、政府、軍、科学を含めて、
                   学界とビジネスのこのもみ消しとそれが起きるという情報の状態を引き起こした基礎構造です。
                   誰もすべてのために等しいためにこの競技場を創造しませんでした。
                   それは個人選択に基づいて自由意志と現実性選択を可能にするよう意図されました。
                   そして知的能力を持っている人たちが秘密の後ろにこれらの秘密を厳密に探るために、
                   それらは通常このより大きい現実性の一部を見いだします − あなたがそれを示したように。
                   それは完全に隠れませんでした − 本と個人と私が今晩ここで話したことの多くを確証する予言さえあります。
                   そしてこれらは容易に我々が住んでいるこのより大きい宇宙を理解することを望む人は誰にとってでも入手可能です。
                   それで、あなたの質問:「我々は異なって何をするはずですか?」に答えるために、
                   私は読んで、そして勉強するでしょう。
                   私はこのより大きい宇宙について学んで時間を投資して、そしてテレビを消して、そしてメディアから接続を断つでしょう。
                   それは私がするであろうことです。」

サラ:        「多分ここで終わらせるいいタイミングです。
                   あなたが他の何も持たないなら、あなたは付け加えることを望みます。」

ネルダ博士:「ただ1つもし誰かがこのインタビューを読むなら、どうか無心で読んでください。
                   もしあなたが学習と教育と意見に満ちている知性をもたらすなら、
                   私が何と言ったかについて議論するために多くを見いだすでしょう。あなたが何も聞かないでしょう。
                   そして私は誰とも議論することに興味を持っていません。
                   私が言ったことを誰も確信させることにさえするそれほど興味を持っていません。
                   たとえ誰も私を信じないとしても、私の生活は続くでしょう。
                   ウィングメーカーは彼らの文化のタイムカプセルを作りました、そしてそれは壮大です。
                   私は、それらが23の部屋のそれぞれの前に立つことができるように、私が人々をオリジナルの遺跡に連れて行って、
                   そして自らこれらの壁画を目撃することができたならいいのにと思います。
                   もしそうできたら芸術が異なった次元に精神を送る入り口であり得ることを理解するでしょう。
                   単なる写真では著わせないこれらの絵が持っているあるエネルギーがあります。
                   あなたは本当にこれらの部屋の中に立って、そしてこのタイムカプセルの目的がある本質を感じる必要があります。
                   もしそうすることができたなら、あなたが私が何を言ったか信じるであろうと思います。」

サラ:        「あなたは誰かを遺跡に連れて行くことができましたか?」

ネルダ博士:「いいえ。
                   残念なことに、この遺跡を取り巻いている保全システムはそれほど精巧です、遺跡入口は事実上見えません。
                   私が持っているすべては私の写真です。」

サラ:        「あなたはもし私が遺跡に歩み寄ったなら、私がそれを見ることができないと言ってるのですか?」

ネルダ博士:「SF小説的な概念のテクノロジーが覆います。
                   それは10年以上前から開発されました。
                   それは人々が理解するよりずっとしばしば使われます。
                   そして私はステルス技術のその薄いバージョンについて話をしていません。
                   私は隠れられることを望んだ既存の現実性にの上に現実性構築を重ねる能力について話をしています。
                   例えば、あなたはエシェントアロー遺跡の入口に歩み寄って、
                   そして入口あるいはすき間のように見えるであろう何も見ることができませんでした。
                   観察者にそれは岩の平らな壁に見えるでしょう。
                   そしてそれは岩の質感すべての特性曲線、硬度などを持つでしょう、しかし観察者には現実な構築なのです。
                   実際には入口はそこにあります、しかしそれは観察されることができません。」

サラ:        「その遺跡に入って、このタイムカプセルを見る方法がありません。
                   我々が少数の人が証拠を見ることを妨げられるほどもう一度、。
                   いいですか、これがなぜ信じることがそれほど難しいかの理由は何も今までに証明されないということです!」

ネルダ博士:「けれども証拠が見る人の目にありませんか?
                   言い替えれば、あなたのいう証拠は1人も納得しないかもしれません。
                   これはすべての宗教と科学での方法ではありませんか?
                   科学者がこの定説あるいはその理論について証拠がある主張します。
                   それから何年も遅れてもう1人の科学者が現われて、そして前に考えられられた理論の誤りを立証します。

サラ:        「その要点は何ですか?」

ネルダ博士:「証拠は絶対ではありません。それはさらに客観的でもありません。
                   あなたが探しているものは永久で、 真実の表現に完ぺきな経験です。
                   そしてこのような経験は、それが本当に存在するなら、
                   それに関しては秘密のネットワークあるいはエリート主義の部門
                   あるいは銀河系の連合によって認められるか、あるいは所有されません。
                   あなたは明日、絶対の証拠の経験を持つことができます。
                   まさしくその次の日、 あなたが熱望する証拠あるいは絶対の真実、
                   疑問は何週間か何ヶ月かで徐々に増え始めるでしょう。
                   それはただ記憶 として。おそらく強力な記憶さえではないです。
                   なぜなら非常に多くの疑問がそれに注ぎ込まれるでしょうから。
                   いや、あなたあるいは誰にも確実な証拠を差し出すことはできません。
                   私はただあなたに私の何が本当であることかを知っていることを話すことができるだけです。
                   そして同じぐらい正確にそれを共有しようとしてください。
                   私はいかに誰もが興味を持つと知っています。
                   宇宙論を話ことにそれほど興味はありません。
                   私は多くの人のへウィングメーカーのタイムカプセルの人工物の話すことができるだけです。
                   大衆はこの話について知るべきです。
                   それは比類ない重要性を持つ発見です、そしてそれは共有されるべきです。」

サラ:        「あなたはそうしようとしていますが自分ではなく私をメッセンジャーにし ましたね ?
                   あなたは私に大衆へ精査をとるように依頼しました。
                   それは疑惑、嘲笑のすべてに耐えなければなりません。」

ネルダ博士:「私はあなたに意志に反することは何も求めていません、サラ。
                   もしあなたに与えた資料に関して何もしないなら、それは分かります。
                   もし私が求めるそれらを広めないのであれば私にそれらを返してもらうということです。
                   もし私がメッセンジャーとして進み出るなら、私は自由を失うでしょう。
                   もしあなたが進み出てくれるなら、
                   この話はあなたの キャリアのカタパルトとなるでしょう。そしてあなたはただ仕事をするだけです。
                   あなたはメッセンジャーではありません、あなたは送信者、媒体なのです。
                   けれども良く考えて ください。
そしてあなたがどう決定したとしても、私はあなたの判断を理解します。」                  

サラ:        「オーケー、その話は終わりにしましょう。
                   私は完全な非信者であなたが間違った考えを持つことを望みません。
                   けれども私はジャーナリストです。
                   それを公にする前に妥当性を検査し校正するのが私の責任です。
                   そしてあなたと一緒に、私はこれをすることができません。
                   もし私に話していることが本当のことなら今までにない壮大な話です。
                   けれども私はこれをマスコミに持って行くことができません。
                   少なくとも私が働く会社では、決してそれを出版しないでしょう。確証はありませんが。
                   話は終わりです。

ネルダ博士:「ええ、わかります。
                   けれども私はあなたに遺跡の写真とACIOの技術などいくらかを見せました。
                   これらは何らかの形の 確証には違いありません。」

サラ:        「私のためにも一度も聞いたことがない何かが起こっていることを 実証します。
                   少なくともジャーナリズム の世界では、ACIOは一度も話が出た事のない新しい組織です。
                   けれどもあなたの写真と話はあなたが今晩何を説明したか実証できません。
                   それらは難問です。「ナショナル・インクワイヤラー」が放送を好みそうな物です。
                   しかしこれは私が定期受信するジャーナリズムのブランドではありません。」

ネルダ博士:「後の数日間でさらにもう少し話をしましょう。
                   光ディスクから翻訳された資料のいくらかを読み、その間中立であることに時間をかけてください。
                   いいですか?」

サラ:        「私が興味を持っているのではなく、この事に関して何でもする 多くの懐疑論者であると思わないでください。
                   私はただあなたが提供したこの話と証拠と私の位置付けをどうするべきか決めるため少し時間を必要とします。」

ネルダ博士:「私が去る前に、いくつかのインタビューを約束しました。明晩はいかがですか?」

サラ:        「はい。しかしあなたがすでに説明したことよりも多く のことがあるのですか?」

ネルダ博士:「我々は話のごく一部についての表面に触れただけです。」

サラ:        「それは信じ難い話です、しかしそれなら明晩も続けましょう。」

ネルダ博士:「私の話に対してのあなたの貴重な時間をありがとうございます。
                   サラ・・・私は この話が奇妙に聞こえることは分かっています。
                   しかし少なくとも、私を精神異常者として無視 せずに聞いてくれました。
                   その ことに、深く感謝をします。

サラ:        「どういたしまして。」

セッションの終了